飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

前代未聞!?うなぎを自分で焼く体験型エンターテイメント酒場「自分焼き ウナギノボリ」が渋谷にオープン。居酒屋を中心に30店舗超を展開するエヌイーエスが新たな食文化を提案


「自分焼き」のうなぎは3種類。サッと炙るも香ばしくよく焼きするも◎

何よりの名物は「うなぎ盛り合わせ」(1人前1800円)。白焼きの「一夜干し」と「蒸し」、それと西京味噌に漬けた「西京漬け」の3種の盛り合わせで、それらをお客が客席のロースターで焼いて楽しむ。「一夜干し」は塩を入れた炭酸水に漬け込み、一夜干しした後に軽く焼いたものを、「蒸し」は厨房で軽く焼き、せいろで蒸したものを提供。うなぎには塩やわさびを添えるほか、現在、詰めダレや山椒ポン酢なども開発中だ。さらに蒲焼き用たれも用意し、焼きながら塗ることで蒲焼き風にもできる。ロースターは当初はガス火のものを使用していたが、最近は香り高く香ばしく焼けるようにと、炭火に変更。「新しい業態なので、炭火に変更したことに加え、うなぎの下処理なども、お客様の反応を見ながら日々改良を続けています」と、同店の店づくりを担当した上居酒屋 取締役の荻野信彦は話す。

それ以外にも「ランイチ」「シンシン」「トモサンカク」(各1100円)など牛肉の焼肉メニューのほか、「野菜盛り合わせ」(1000円)、「穴子一夜干し」(880円)などの焼き物も用意。うなぎ以外にも「自分焼き」の品を各種取り揃えている。

「うなぎ盛り合わせ」で、写真左から「西京漬け」、「蒸し」、「一夜干し」。単品でも注文可能。味のバリエーションが広がるようにと、自家製のタレや山椒ポン酢も開発中だ

炭火ロースターでお客が自分好みの加減で焼くエンターテイメント性が最大のウリだ。しっかり香ばしく焼くも、サッと炙る程度にとどめるも、タレを塗って蒲焼き風にするも自由自在

店舗データ

店名 自分焼き ウナギノボリ
住所 東京都渋谷区道玄坂1-17-4 道玄坂ビル 1F・2F

 >> GoogleMapで見る

アクセス 渋谷駅・神泉駅から各徒歩5分
電話 03-6455-0615
営業時間 14:00~23:00
定休日 日曜
坪数客数 18坪29席
客単価 3500~4000円
運営会社 上居酒屋株式会社(エヌイーエス株式会社の子会社)
オープン日 2021年6月22日
関連リンク オモウツボ(記事)
関連リンク 自分焼き ウナギノボリ(Instagram)
関連リンク エヌイーエス(HP)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.