飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

編集長コラム一覧

  • いま渋谷は「裏」「奥」が面白い!

    いま「奥渋谷」「裏渋谷」に個性的な飲食店が続々とオープンしている。駅周辺よりも家賃が安いっこともあるが、なにより若者が闊歩する駅周辺の喧噪から離れ、大人たちが集う路地裏文化と独特な匂いに飲食店オーナーたちは魅せられるようだ。そんな裏渋谷、奥渋谷の新しい店を覗いてみよう。…
  • 【シリーズ】地方の飲食店動向を追う(2)京都、金沢、富山編

    9月4日から、京都一泊、金沢一泊、富山一泊の取材旅行を行った。「地方の進化系業態を見に行く旅」を続けています。東京トレンドがどう地方に移植しているのか、または地方発の新業態の息吹はないか、などが取材テーマだ。多くの飲食店オーナーたちとの出会いも地方取材の醍醐味だ。…
  • 【シリーズ】地方の飲食店動向を追う(1)博多&佐賀編

    8月18~23日、福岡の博多と佐賀市の飲食店視察を行ってきた。博多は「炉端」「うどん」「大衆酒場」がいまトレンド。佐賀では飲食店オーナーたちと「伊万里牛」や高級トマト「光樹」の生産者、市役所や農協などの方々が集まり、「ローカルブランディング」についていろいろ話を聞くことができた。…
  • いま、アジアの飲食マーケットが熱い(クアラルンプール編)

    8月4~9日、日本の繁盛店オーナーたちとマレーシアの飲食マーケット視察の旅を行った。首都クアラルンプール(KL)に3泊、残りの2泊はリゾート地として知られるランカウイ島に滞在した。「ハラル」のイメージが強調されるマレーシアだが、今回の視察ではハラル的な縛りはまったく感じなかった。やはり、他の東南アジア諸国と同様、飲食マーケットを主導しているのは、「中華系マレーシア人」だった…。…
  • “日本のブルックリン”清澄白河エリアに注目!

    2015年2月、ロサンゼルス発の「ブルーボトルコーヒー」日本進出1号店の出店で沸いた清澄白河エリア。6月には、大阪やに拠点をもつ醸造所併設のレストラン「フジマル醸造所」もオープンした。“日本のブルックリン”と言われるこのエリアを歩いてみた。
  • 「第四世代」が台頭し始めた沖縄飲食業界

    約一年ぶりに沖縄に行ってきた。目的は二つ。中北部のリゾート地のインバウンド事情と那覇飲食マーケットを引っ張る飲食オーナーたちの「現在」を見に行くこと。リゾート地は予想を超えるインバウンド観光客のラッシユ。那覇飲食業界は「第四世代」が芽吹き始めていた。…
  • 名古屋を面白くする中堅飲食オーナーたち

    名古屋の飲食マーケットを見てきました。名古屋はトヨタ景気や名古屋駅前開発で活性化していた。お会いした飲食店経営者たちも個性的で、しっかりとそれぞれの繁盛業態をつくり上げていた。そんな注目の経営者をフィーチャーしてみたい。…
  • 2015年下半期の飲食マーケット注目点は?(後編)

    2015年下半期の飲食マーケットトレンドを展望。押さえておくべきポイントと注目店は?今回はその後編…。
  • 2015年下半期の飲食マーケット注目点は?(前編)

    2015年も後半に入りました。下半期の飲食マーケットのトレンドはどう動くのか?押さえておくべきポイントと注目店を取り上げてみた…。…
  • 再び活性化する「西新宿七丁目」エリア

    「西新宿七丁目エリア」は、他エリアの繁盛店が集まる飲食のチェレンジの場であり、新業態のメッカである。このエリアが再び活性化してきた。最新の動きをまとめてみよう。…
  • 大手チェーンの「新業態進出」の本気度を問う!

    2015年に入って、大手チェーン企業が様々な新業態を開発し、展開に乗り出した。日本マクドナルドやワタミ、ゼンジョーなどの業績悪化に見られるように、これまでの画一型、効率主義の業態では顧客離れを食い止められなくなったからだ。いろいろな“実験”が始まっているが、勝ち残る業態はあるのだろうか…。…
  • “個性が当たり前”「ノームコア」の時代が来た!

    このコラムでも何度かキーワードとして登場した「ノームコア」。米国のファッション業界から発信された用語で、「ノーマル」と「ハードコア」をミックスした言葉だ。見た目はシンプルだが、その中には強い個性を感じる。そんな飲食店がいま増えている。
  • 「イートグッド」時代が到来する!

    生産者と食材の大事さを共有し、それを飲食店を通じてお客様に真面目に美味しく、楽しく提供しようという「イートグッド」をコンセプトとする店がじわじわと増えつつある。そんな店が点から線へ、面へと広がり、外食のあり方を変え、時代を動かす日が来るに違いない…。
  • ステーキの次は「牛タン」ブーム?

    空前の肉ブームのなか、ステーキ業態の出店が相次いでいるが、その陰でまだ目立たないものの、「牛タン」をキラーコンテンツとする業態の新店が静かに増えてきている。ステーキの次は「牛タン」が来るかもしれない。…
  • 「第四次立ち飲みブーム」到来!

    立ち飲み業態といえば、人通りが多い1階路面店と相場が決まっていた。しかし、最近はビルの地下や空中階に出店する個性派の立ち飲み業態が増えている。「第四次立ち飲みブーム」が始まったといえよう。…
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.