飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

横丁のネオスタイル“バル横丁”を、蒲田から全国へ展開


imprise(東京都新宿区、代表取締役社長:大野 博司氏)は、バルからバルへはしごするスペインのカルチャーを、日本の横丁文化と融合させた横丁のネオスタイル=「バル横丁」を各地で展開する計画を立てているという。プロジェクトの1号案件は蒲田で、商業施設の1階に5月10日オープンする。出店が予定されているのは、大使館も認めるメキシカン料理店 「TacoLibre」、内幸町の人気ベトナム料理店 「Yellow Bamboo」、オーガニック/野菜に特化したバル「blesseath」、A4ランク以上の国産黒毛和牛にこだわる立ち食い焼肉 「さすらいのカンテキ 蒲田酒場」など9店舗9業態。これらは女性でも利用しやすいよう、横丁でありながらもおしゃれ感やスタイリッシュさのある空間演出にもこだわるという。蒲田以降は6月に赤坂、夏には江ノ島、京都のオープンが控えており、全国での展開を描いているようだ。行政との連携も取りながら出店サポート体制を整え、地域を盛り上げるための施設づくりにも力を入れているそうだ。
▪️住所:東京都大田区西蒲田7-4-3 カーサ蒲田1F ▪️詳しくはこちら

ニュースフラッシュ一覧トップへ

Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.