飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

ダイヤモンドダイニングが12月10日、旧グッドウィルグループから「フードスコープ」全事業を買収、100%子会社を設立して再生へ!連結で100店舗超える


株式会社ダイヤモンドダイニング(港区東新橋、代表取締役・松村厚久氏)は12月10日、新たに100%出資による子会社を設立し、ラディアホールディングス株式会社(港区六本木、代表取締役社長・代表取締役社長 堀井愼一氏)の連結子会社である株式会社フードスコープ(渋谷区渋谷、 代表取締役社長・山下秀毅氏) の全事業を譲り受けることを決め、IR発表した。譲渡日は2009年年2月1日、譲渡価格は12億500万円(予定)。 ラディアホールディングス株式会社は旧グッドウィルグループを引き継いだ会社で、傘下に飲食店グループの株式会社フードスコープを有する。今井浩司氏が創業した会社で、鶏業態の「今井屋」をはじめ、牡蠣専門店「米門(MAIMON)」、そして旧グッドウィルが受け継いだUGグローイングアップのテーマレストラン「エレファントカフェ」「キリシトンカフェ」「あほぼん寺」など37店舗をもつ。ニューヨーク「MEGU」などの海外店舗は含まれていない。 ダイヤモンドダイニングは7月、西新宿を中心に和食店7店舗を展開する株式会社サンプールを5億円で買収している。今回の買収によって、同社は連結決算ベースで、今2月期に目標の100店舗を達成したことになる。今後、同社の手によって、フードスコープ各店舗がどう再生されるか注目したい。

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.