飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン一覧

  • 20170809_ano8_0006

    【話題店チェック】 目黒で日本酒とクラフトビールを楽しむ「ANOTHER8」。世界のスタンダード、日本酒を目指すクラフト新拠点

    目黒駅、権助坂の路地を入った場所に4月1日オープンした「ANOTHER8」(酒八 京都府京都市 代表取締役大東赳彦)は日本酒、クラフトビールを思い思いに自由なスタイルで楽しむことを形にした新しいポジションのバルだ。日本のクラフトを代表する日本酒を京都・東京から世界のスタンダードとして発信していくとい...
  • ファイル_000 (6)_640

    【ニューオープン】 お好み焼き×ワインのペアリングを仕掛ける 大阪発の「鉄板バルSOURCE」が三軒茶屋にオープン

    三軒茶屋と言えば、世田谷通りと国道246号線に挟まれた「デルタ地帯」があって、食に対する感度が高いエリアの一つだ。レトロな面影を少し残した街並みに、最新のトレンドが入り込んでおり、独特の文化を生み出している。そうした背景を持つ同エリアに6月23日オープンしたのが「鉄板バルSOURCE」だ。運営するの...
  • _B3A1460_640

    【ニューオープン】 群馬のブランドを都内から世界へ発信していく 「上州和牛専門店ぐんま育ち」が浅草に誕生

    2017(平成28)年度台東区観光統計・マーケティング調査によると、2016年の台東区の外国人観光客数は830万人を突破した。2012年が426万人、2014年が526万人なので、ここ数年で急激に観光客数を増やしている。中でも浅草は、浅草寺や仲見世通りなど、日本独自の文化を堪能できるとあって、訪れる...
  • 19807737_1351676291620086_632716550_o_640

    【話題店チェック】 100種類以上のクラフトジンとオーガニックフレンチ 「Bistro&Bar Chelsea」が代々木上原で話題沸騰中

    代々木上原駅周辺は、渋谷区の中で独自なポジションを確立させている。新しいトレンドを発信する最先端の店が続々と誕生する一方で、代々木上原駅前商店街と上原銀座商店街という古い歴史を持つ商店街も多い。また若者を中心に住みたい街として人気を集めているエリアだが、もともと大山町周辺が高級住宅街として知られてい...
  • 20170714_fujirou_0005

    【ニューオープン】 100年先の和食を見据え、今あるべき姿を問う。和食業態を1棟に集積した茅場町の「不二楼」7月7日オープン

    茅場町駅から徒歩わずか。下町の面影を色濃く残すこのエリアに、100年先を見据えた新しい和食を提案しようと、和業態を集積した「不二楼(ふじろう)」が7月7日にオープンした。運営は和僑ホールディングス(東京都中央区、代表取締役会長:髙取宗茂氏)。同グループは、国内は全国に27店舗、海外はベトナムとスリラ...
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.