飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

中野に串焼きとビストロ料理の「中野トング」がオープン。ベイシックス出身の店主による“映え”も意識した目にも舌にも美味しい料理


せっかくの外食だから、盛り付けも楽しく、華やかに

ベイシックスでは串焼きやビストロ業態で活躍してきた竹嶋氏。その経験をベースに、試作を重ね中野トングらしさを追求したというメニューは、イチ押しの串焼きが「豚バラ」(250円)、「牛サガリ」(450円)などシンプルに食材の旨みを味わうものに加え、豚バラでさまざまな野菜を巻いた「野菜巻き」(280円~)12種がラインナップ。「思わず写真に撮りたくなるような、目にも舌にも美味しい料理を提供したい」と盛り付けや演出にも力を入れており、ナイフを入れるととろりとチーズがあふれ出す「ピスタチオブッラータのカプレーゼ」(1680円)や、炭火で豪快に焼き上げる「ハラテキ(牛ハラミのステーキ)」(1180円)、ロゴデザインである“トング”の焼き印を押した卵を乗せた「中野トングのポテサラ」(650円)なども人気だ。皿に残ったソースも残さず食べてほしいと、お通しには近隣に構える高級食パン店「乃がみ」の生食パンを提供しており、こちらも好評だ。また、甘党なら元パティシエが作るデザート「ラムレーズンクリームチーズとカスタードプリン」(740円)、「塩バターバスクチーズケーキ」(740円)も見逃せない。

ドリンクは「生ビール(マスターズドリーム)」(720円)、フルーツサワー7種(各550円)、お茶割各種(各450円)、ハイボール(500円~)のほか、リキュール類やワインも揃える。中でも季節のフルーツをふだんに使った「旬のフルーツスパークリング」(1080円)はSNSを中心に話題を集めている。

野菜串は毎日、1本ずつ丁寧に巻いて仕込む。すべて1本から注文できる点も魅力だ

思わず動画を撮りながらナイフを入れたくなる「ピスタチオブッラータのカプレーゼ」

店舗データ

店名 中野トング
住所 東京都中野区新井1-3-3 1F

 >> GoogleMapで見る

アクセス 中野駅から徒歩8分
電話 03-5318-9292
営業時間 16:00~23:00(L.O.22:30)
定休日 なし
坪数客数 17坪40席
客単価 4000円
オープン日 2022年11月1日
関連リンク 中野トング(Instagram)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.