飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

下北沢に「韓国料理 KOREAN DINING HAN-CHEF 下北沢店(コリアン ダイニング ハンシェフ)」がオープン。大皿で楽しむ韓国料理のイメージを覆す、少量多皿のコース仕立てが魅力!

11月12日、下北沢に「韓国料理 KOREAN DINING HAN-CHEF下北沢店(コリアン ダイニング ハンシェフ)」がオープンした。運営はSUCommunications(東京都新宿区、代表取締役:オク・スンフン氏)。大皿のイメージがある韓国料理を、小皿で少量多種でコース仕立てで提供するレストランだ。韓国と日本の2人のシェフがコラボした唯一無二の韓国料理を提供。下北沢で新たな韓国の食文化を発信する。


韓国と日本、2人のシェフにより「ここでしか食べられない韓国料理」が完成!

古着屋やカレー店、カフェ、小劇場やライブハウスなどが立ち並び、サブカルチャーの街として知られる下北沢。駅から南に進む雑多な通りのビル3階に「韓国料理 KOREAN DINING HAN-CHEF 下北沢店」はオープンした。若者でにぎわう周辺の雰囲気から一転、店内は照明を落としたシックでラグジュアリーな空間だ。

オーナーのオク・スンフン氏は韓国出身。「私は日本に来て10年ほどですが、日本における韓国料理は一皿が大きい。2人で食事すると2品くらいでお腹いっぱいになり、様々な韓国料理を楽しむことができない。そこで、ちょっとずつ様々な種類が楽しめる韓国料理をやろうと考えました」と話す。料理は、韓国出身で大手韓国料理店にて経験を積んだナ・ジョンソクシェフと、和食や創作居酒屋で日本食の修行を積んだ伊藤 毅シェフの2人が手掛ける。ナシェフの本場仕込みの韓国料理に、伊藤シェフが和食の繊細な味付けや盛り付け方などのエッセンスを加えていった。“手ごろ価格で楽しむ大皿料理”という韓国料理イメージからは一転、スタイリッシュかつラグジュアリーな「ここでしか食べられない韓国料理」を完成させた。

黒を基調としたシックな店内。「料理に集中してほしい」と、照明はテーブルに向けている

店舗データ

店名 韓国料理 KOREAN DINING HAN-CHEF 下北沢店(コリアン ダイニング ハンシェフ)
住所 東京都世田谷区北沢2-14-2 第2東洋興業ビル 3F

 >> GoogleMapで見る

アクセス 下北沢駅から徒歩3分
電話 03-4363-6267
営業時間 17:00~23:00(料理LO21:00、ドリンクLO22:30)
定休日 不定休、正月休み(2023年1月1日~3日)
坪数客数 13坪16席(貸切可、20席まで)
客単価 8000円
運営会社 株式会社SUCommunications
オープン日 2022年11月12日
関連リンク 韓国料理 KOREAN DINING HAN-CHEF 下北沢店(Instagram)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.