飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

「それがし」のJO創業メンバーが神奈川・藤沢で独立!「高橋マート」は純米酒はじめビールやワインなど厳選した酒にアテを用意。「R35」推奨、違いのわかる大人が集う酒場

5月2日、藤沢に「高橋マート」がオープンした。オーナーの高橋氏は、「それがし」などを展開するJOで創業から10年にわたり活躍し、このたび同店で独立した。「違いのわかる大人が集う場所にしたい」として、「R35」を推奨する大人の酒場。アンティークの家具が散りばめられたカフェのような空間で、純米酒やビール、ワインなど、高橋氏の審美眼で選んだ酒と、それらに合うアテを用意。JOで学んだビジネスセンスを生かして展開も視野に入れながら、まずは同店を地域一番店にすることを目指す。


JO代表の尾山氏と高校時代からの縁で「それがし」を創業、約10年、統括業務にあたる

神奈川県は藤沢市。海も近い湘南の開放的な雰囲気に惹かれ、近年、移住者も増えているというこの街に「高橋マート」はオープンした。藤沢駅から徒歩3分のビル2階、質素なドアの先に潜む隠れ家だ。

オーナーの高橋氏は、都内で7店舗の飲食店を展開するJO(東京都品川区、代表取締役:尾山 淳氏)の創業メンバーだ。20代は服飾デザイナーとして活躍し、自らアパレルブランドを立ち上げたほか、渋谷で小さな古着店を経営したことも。「アパレルは感性が大切な仕事なので、年を取っても続けられるか不安があった。そんな時、ひょんなことから当時恵比寿でバーテンダーをしていた尾山氏の独立を手伝うことになりました」。もともと高橋氏は、JO代表の尾山氏と高校のバスケ部仲間で30年来の付き合い。そうして2011年、五反田にオープンしたのがJOの創業店「酒場それがし」だ。当時は珍しかった純米酒専門店として日本酒ブームを牽引する存在に。その後も五反田と恵比寿で店舗を展開していった。その間、約10年にわたり高橋氏はゼネラルマネージャーとして会社の統括業務に尽力。昨年10月、独立のため同社を退職した。

藤沢駅から徒歩3分、飲食店が立ち並ぶ通りの雑居ビル2階。あえて質素なドアで隠れ家感を演出する

店舗データ

店名 高橋マート
住所 神奈川県藤沢市鵠沼石上1-4-2

 >> GoogleMapで見る

アクセス 藤沢駅から徒歩3分
電話 0466-54-7577
営業時間 17:00~23:00
定休日 日曜
坪数客数 23坪26~30席
客単価 4500~5000円
オープン日 2022年5月2日
関連リンク 高橋マート(Instagram)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.