飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

板橋区で3店舗を展開するやんぐグループが、中野に進出!「やきとんやんぐ セカンド NAKANO」がオープン


スタイルの違う3店舗を開業後、板橋区外へ出店を拡大。第一歩目は中野の小さな路地裏に

開業前から地元密着型の店づくりを考えていた坂口氏。その狙い通り、「やきとんやんぐ」は開業後すぐに近隣住民が常連化する繁盛店となった。「『やきとん ひなた』の常連さんが足を運んでくれたことも大きかったです。その後、口コミで認知を広げていって」と、語る。「やきとんやんぐ」開業から2年後の2018年には同じく板橋区で肉バル「カタマリ ヤング」を開業。スタッフに任せて1年ほど運営していたが、続けていくうちに坂口氏の考えていた方向性とのズレが生じ、2019年に業態変更。「やきとんやんぐ 2nd」となる。また、同年に板橋区で3店舗目となる「ニューやんぐ」も開業。こちらの店舗は従来のやきとんをベースにしつつ、料理のバリエーションを拡大。トレンドを積極的に取り入れた意欲的なメニュー展開を強みとし、姉妹店との差別化を図った。

そんな中、2020年に入り新型コロナウイルスが流行。外出自粛などの動きも強くなり、「やきとんやんぐ 2nd」は一時休業。このタイミングを良しと考え、既存店舗と差別化できていなかった「やきとんやんぐ 2nd」の業態変更を決意した。近年のリバイバルブームや原価の低さ、老若男女幅広いファン層、食事も飲み客も取り込めるメニュー構成など、コロナ禍による逆風にも負けない経営が可能を感じ、町中華に注目。「やきとんやんぐ2nd」は、「町中華やんぐ」へと生まれ変わった。

一方、板橋区で地盤を固める中で、別エリアへの展開の構想も進めていた坂口氏。「大塚や練馬、中野など、板橋区と近く目が届きやすいエリアで探していました」。条件は板橋区と同程度の規模で路面店。始めは大塚で物件が見つかるも流れ、次に見つかったのが中野の物件に決め、2021年12月16日に「やきとんやんぐ セカンド NAKANO」を開業した。

今回の物件には居抜きで入った坂口氏。想定していた店舗規模と近く、内装もほとんど変えていないと語る

店舗データ

店名 やきとんやんぐセカンド NAKANO
住所 東京都中野区中野5-53-10

 >> GoogleMapで見る

アクセス 中野駅北口から徒歩10分
電話 03-5942-4034
営業時間 17:00~24:00(L.O.23:00)
定休日 日曜日、第1第3水曜日
坪数客数 約11坪 33席(うちカウンター8席)
客単価 2000円~3000円
運営会社 株式会社やんぐ
オープン日 2021年12月16日
関連リンク やきとんやんぐセカンド NAKANO(Twitter)
関連リンク やきとんやんぐセカンド NAKANO(instagram)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.