飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

板橋区で3店舗を展開するやんぐグループが、中野に進出!「やきとんやんぐ セカンド NAKANO」がオープン


出店エリアに合わせたメニュー構成とコスパの良さで、「地域に根差した店づくり」を体現する

坂口氏は現在、自身は経営に回り、店舗運営はスタッフに一任。フード・ドリンクともに全店共通のグランドメニューと、店舗ごとに異なる日替わりメニューの構成で、それぞれの店長の色が出るような店づくりを行っている。また、ほぼすべてのメニューが500円以下という低単価も強みのひとつだ。

グランドメニューの看板は、「やきとん ひなた」の技術を受け継いだやきとん串のメニューだ。「チレ」、「タンシタ」、「テッポウ」、「ハラミ」、「レバ」、「シロ」(各110円)など、定番の部位が12種類。「しいたけ」、「ししとう」(各170円)、「アボカド」(各170円)といった野菜串が4種類。そのほか、「半熟うずら串」(170円)、「自家製つくね」(230円)といった変わり種が8種類と、豊富なラインナップだ。ほか、低温調理で肉刺し風にした「レバ刺風」、「ハツ刺風」、「タン刺風」(各430円)。特製の「もつ煮込み」(430円~)。「ポテトサラダ」(360円)、「和牛入りキーマカレーバケット付き」(540円)などの一品料理。「自家製和牛メンチカツ」(440円)、「アンチョビポテト」(レギュラー430円、ハーフ220円)などの揚げ物も用意している。

中野店のオリジナルメニューは「チャーシューエッグタワー」(850円)。圧力鍋で煮込み、箸で切れるほどやわらかいチャーシューを炙り、何層にも重ねた、インパクトに重きを置いた逸品だ。さらに、「鶏ネギマ串」(160円)のような鶏串、「アミレバー串」(160円)のような希少部位、「イカ串七味マヨ」(160円)、「エビマヨバルサミコ」(490円)、「鮮魚のマリネ」(490円)といった海鮮系の品書きも並ぶ。

ドリンクのグランドメニューは「生ビール」(グラス440円、中ジョッキ620円、大ジョッキ840円)や「瀬戸内レモンサワー」、(各500円)、「サワー各種」(460円)といった定番メニューを取り揃え。その中に、ソルティライチをサワーで割り、グラスの縁に塩をつけた「ツンデレサワー」(490円)、ブランデーとジンジャーエールを合わせた「ブラジャー」、日本酒の「繁枡」を炭酸で割った「シゲハイボール」(520円)といった変わり種も並ぶ。

加えて、中野店では店長の宮尾孝志郎氏が力を注いでいる日本酒とクラフトビールを推している。取材時のラインナップは、日本酒は「にいだしぜんしゅ」(680円)、「紀土」(660円)、「拳」(660円)など、日替わりでおすすめを替えて6種ほど。クラフトビールは「宇宙ブルーイング」の「BIG BANG」、「BREZER」(各1100円)や、「志賀高原ビール」の「インディアンサマーセゾン」、「ミヤマブロンド」、「志賀高原IPA」(各780円)といった取り揃えだ。

チャーシューエッグタワー」は、「創作中華 やんぐ」の裏メニューがベース。チャーシューだけで400gもあるボリューム満点の品だ

串焼きは炭焼きで。日替わりで鶏や海鮮系の串が品書きに並ぶこともある

店舗データ

店名 やきとんやんぐセカンド NAKANO
住所 東京都中野区中野5-53-10

 >> GoogleMapで見る

アクセス 中野駅北口から徒歩10分
電話 03-5942-4034
営業時間 17:00~24:00(L.O.23:00)
定休日 日曜日、第1第3水曜日
坪数客数 約11坪 33席(うちカウンター8席)
客単価 2000円~3000円
運営会社 株式会社やんぐ
オープン日 2021年12月16日
関連リンク やきとんやんぐセカンド NAKANO(Twitter)
関連リンク やきとんやんぐセカンド NAKANO(instagram)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.