飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

創業42年の老舗「大衆酒場ジャンプ」の二代目による新たな挑戦。「喫茶酒場 代官山ジャンプ」が開業。昭和レトロな喫茶に大衆酒場をハイブリット、1日を通して幅広い客層を獲得


他店舗展開を開始した矢先のコロナ禍。酒場にこだわらない業態づくりの必要性を実感

代々木上原の店には美容師の常連が多く、同じく美容室の多い原宿は親和性が高いと考え、同様の大衆酒場業態を出店した。ところが、原宿の開業準備中にコロナ禍に見舞われてしまった。今後、飲食業において夜の酒場営業のみで収益を出していくのは難しく、食事業態やカフェなど、酒場以外にも挑戦する必要性を感じるようになったという。そんな折、代官山の同物件を紹介された。「もともと私自身がカフェやコーヒーが好きで、以前からカフェをやりたいという思いはありました。客席フロアがL字型になっているこの物件を見たとき、最初は空間を2つに区切り、カフェと酒場、2つの店舗として営業しようと考えました。ですが、喫茶と酒場を混ぜた店づくりも面白いのではないか?と思ったんです」と中島氏。どの時間帯でも、喫茶としても酒場としても使える喫茶酒場の業態に行きついた。

元はメキシカンだったという物件はスケルトンから造作。店内入って左側を喫茶ゾーン、右側を酒場ゾーンに区画を分けた。どちらも木材を基調としつつ、それぞれカフェらしさ、酒場らしさを感じるデザインに仕上げている。もともとあったテラス席は、コロナ禍の状況を汲み、より間口を広げた換気のよい席に作り替える工夫も凝らした。

入って左側の喫茶ゾーン。木目を基調に、カフェ調のイスを配置したスタイリッシュな空間

右側は酒場ゾーン。大衆酒場の趣を感じる空間で、テーブル席に加えてカウンター席も配備

店舗データ

店名 喫茶酒場 代官山ジャンプ
住所 東京都渋谷区代官山町13-4 セレサ代官山2階

 >> GoogleMapで見る

アクセス 代官山駅から徒歩3分
電話 03-6455-1815
営業時間 12:00~22:00(ランチメニューLO14:30)
定休日 月曜
坪数客数 30坪60席
客単価 喫茶1000~1500円、酒場2500~3500円
オープン日 2021年6月8日
関連リンク 喫茶酒場 代官山ジャンプ(Instagram)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.