飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

代官山に「Sputnik(スプートニク)」が開業。カウンター越しの仕事に憧れた26歳の青年が行きついたのは、日常に溶け込むイタリアンバール。コーヒーとカクテルを1日を通じて提供


クラシックな要素をミックスし、居心地の良い空間に

「Sputnik」は、代官山駅から徒歩約5分の路面にオープン。恵比寿駅も徒歩圏内で、近隣には住宅も企業も多い好立地だ。カフェとバーの両軸で運営するスタンディングスタイルで、昼でもカクテル、夜でもコーヒーを提供。伊藤氏は「一日を通じて気軽に利用できるので、生活の一部にしてもらえたら」と狙いを語る。

店内はイタリアのバールを思わせる、スツールなしのスタンディングスタイル。大きなカウンターと壁に据えたテーブルで最大12名を収容する。ゴールドの足掛けでシックさを出しながらも、床はタイルを剥がしてむき出しのコンクリートに。新しさの中にもクラシックな要素をミックスさせている。店奥には大きな鏡を設置。もとは奥行きを出すための策だったが、どの位置にいるお客も鏡越しに表情や手元が見えるため、コミュニケーションが取りやすいメリットを感じているという。

カウンターに寄りかかって飲むスタイルは、イタリアのバールをイメージ

店舗データ

店名 Sputnik(スプートニク)
住所 東京都渋谷区恵比寿西2-18-6

 >> GoogleMapで見る

アクセス 代官山駅から徒歩6分
営業時間 10:00~24:00(LO23:00)
定休日 第2火曜日
坪数客数 8坪 椅子なし(約12名+テラス4名程度)
客単価 カフェ500円~、バー1100円~
オープン日 2021年5月2日
関連リンク Sputnik(Instagram)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.