飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

てっぺん卒業生がカフェ業態に挑戦。川崎「クレイビングフォーカフェ」は、居酒屋オーナーの独立2店舗目

10月1日、川崎駅から徒歩7分。市役所近くの大通り沿いに「クレイビングフォーカフェ」がオープンした。オーナーは、てっぺん卒業生の栗原 渉氏。同店は木更津の炉端焼き居酒屋に次いで、2店舗目の開業となる。「心安らぐ空間」をコンセプトとし、ファサードと店内をフェイクグリーンで装飾。家具にもこだわり、目的来店を狙う。フードのメインは生パスタとパンケーキ。ドリンクはカフェメニューに加え、約20種類のモヒートなどアルコール類も豊富に揃え、カフェ利用以外の客層も取り込む作戦だ。

フェイクグリーンで覆われたファサード。店名のcravingは英語で”無性に”を意味する。「無性に行きたくなるカフェにしたい」という想いを込めた
広々とした店内。家具の多くはカリモク
名物のもちもち生パスタ「どっさりシラスのペペロンチーノ」(1150円)
SNS映え抜群の「クラシックパンケーキ」
オーナーの栗原 渉氏

居酒屋店長から独立、カフェ開業へ

オーナーの栗原氏は、現在35歳。24歳で、てっぺん(東京都渋谷区、代表:大嶋啓介氏)に入社し、5年間働く。「てっぺん 渋谷男道場」で店長を務めた後、退職。その後、地元木更津で浜焼き料理を主軸とした居酒屋を独立開業し、6年目を迎える。

2店舗目にカフェ業態を選んだのは、栗原氏の想いから。「独立後くらいから、心休まる空間を作りたいと考え、いつかカフェを経営したいと思っていました」と栗原氏。収益面を含め構想が固まらず、行き詰まっていたところに、てっぺん時代の先輩である型無(神奈川県川崎市)の代表取締役 矢野潤一郎氏から、声がかかった。運営する和カフェを閉店させるため、それを引き継がないかという物件紹介の話が舞い込んだのだ。ターミナルとなる駅の大通り沿いという好立地に、広々とした店舗。カフェ経営を支える関係者との出会いも重なり、これをチャンスと捉え、開業を決意した。

目的来店を促す空間づくり

店内は40坪50席。内装は厨房以外を大幅に変更。ボタニカルカフェをイメージし、ファサードや店内のアーチなど、随所にフェイクグリーンを配した。「駅周辺の利用客以外にも、この店を目指してきてもらえるよう、内装や家具には、“カフェ好きに刺さるセレクト”を意識しました」と栗原氏。アンティークミシンの足がついたテーブルやリバーテーブルなどを配置し、どこで撮影しても、写真映えするような仕上がりを意識した。

幅広くアルコールドリンクを揃え、飲み需要にも対応

ドリンクは、「ブレンドコーヒー」(450円)や、「カフェラテ」(480円)などのカフェらしいメニューのほかに、アルコールドリンクも豊富に揃える。ドリンクメニューの1ページ目には「ベリーモヒート」や「コーラモヒート」(各580円)など、20種類ほどのモヒートをラインアップ。加えて、「コエドビール 毬花」(680円)や「箕面ペールエール」(900円)などの瓶ビール、サワー類、ノンアルコールカクテルも用意。カフェ業態でありながら昼から酒が飲めることをアピールし 、ディナーや飲み目的の客もキャッチ。原価率の低いアルコールドリンクの注文を増やすことで収益の確保を狙う。3時間制の飲み放題コースも用意し、11時から17時までは980円、17時以降は1480円。

また、「かぼちゃの紅茶」、「国産ぶどう緑茶」(各580円)など、常時20種類を揃えるハーブティーと紅茶も人気。「仕入れ業者の熱意により、種類が増えてしまいました。変わったフレーバーも多く、香りもいい。女性客に大変好評です」(栗原氏)。

王道メニューに加えて、つまめるメニューも

料理のメインは、生パスタとパンケーキ。どちらも専門分野の料理人からのアドバイスを受け、メニューを開発した。生パスタは「ブロッコリーと青じその柚子胡椒ペペロンチーノ」(1100円)をはじめとする6種類で、今後は種類を増やしていく予定だ。パンケーキは注文を受けてからメレンゲを泡立てるスフレタイプ。「クラシックパンケーキ」(1050円)、「ベリーベリーパンケーキ」(1280円)、「キャラメルナッツパンケーキ」(1280円)の3種類に、追加トッピングでチョコソースやフルーツを用意。加えて、「釜揚げしらすのアヒージョ」(580円)、スパム缶に盛り付けられた「スパムチーズカツ」(680円)など、つまみにもなる料理11品とピザ4種類も用意する。

今後は、店の広さとメニューの豊富さを活かし、貸切パーティなども増やしていきたい考えだ。「まだまだこれからですが、認知度を高めてカフェ2店舗目を作りたいです。都心のおしゃれなエリアに出せたら、最高ですね」と栗原氏。居酒屋出身、カフェオーナーの今後に注目だ。

(取材=福井 晶)

店舗データ

店名 クレイビングフォーカフェ
住所 神奈川県川崎市川崎区宮本町6-1
アクセス 川崎駅から徒歩7分
電話 044-246-7778
営業時間 11:00~23:00
定休日 火曜日(祝日の場合は翌平日休み)
坪数客数 40坪50席
客単価 昼:1000円 、夜:2000〜3000円
オープン日 2019年10月1日
関連リンク クレイビングフォーカフェ(Instagram)
関連リンク クレイビングフォーカフェ(FB)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.