飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

中目黒に菜園発オーガニックの本格イタリアン「Dall’orto(ダ・オルト)」が3月25日オープン!


オーガニックファクトリー(渋谷区東)は、JAS有機認定を受けた野菜や、抗生物質を一切与えず健康に育てた食肉など、オーガニック食材を中心とした本格イタリア料理店「Dall’orto(ダ・オルト)」を桜咲き誇る中目黒・目黒川沿いに3月25日オープンする。「Dall’orto」は、同社と国産有機無農薬の野菜を飲食店に提供している株式会社ろのわ(渋谷区東)とのコラボレーションによるもの。店名は、イタリア語で“菜園から”を意味し、自社農場または協働契約栽培で作られる野菜は、JAS有機認定を受けたものが中心。野菜本来の味わいを生かした「いろいろ有機野菜の蒸し煮」、「有機野菜の炭火焼 スカモルツァチーズ添え」、「有機野菜のバーニャカウダ 3種のソース添え」などの有機野菜料理を提供する。また自家製ピッツア生地には、協働契約栽培で希少な国産有機無農薬の小麦粉を独自のブレンドで使用するほか、宮崎産のハマユウポーク、東さん家の安心卵など抗生物質を一切与えず健康に育てた食肉など、安全性にこだわりを持った食材を扱う。同社・店舗企画準備室の橋健治氏は「健康への関心の高い方々にうちのメニューを味わって欲しい。食材の生産者をファイリングし、顧客に説明出来るように用意している」と語る。同店の料理長には、フランス・2つ星レストラン「ジャルダン・デ・サンス」や都内の有名イタリア料理店を経た朴成明(パク・ソンミョン)氏を迎え、さらにイタリア北部や中部の2つ星シェフ「サドレル」の下で修行を積んだ林祐司氏など充実のシェフ陣によるメニューは、素材の持ち味を生かした珠玉の皿がズラリ。メニューには、ソースの種類や具材のみを表記し、旬の野菜やハーブパウダーを練りこんだ手打ちパスタ常時5~6種類より好みのものをセレクト可。また、ピッツァイオーロとして、本場ナポリでキャリアを積んだ専門の職人が焼き上げる本格薪釜ピッツアが常時12種類味わえる。熊本産有機無農薬の小麦粉を用いた自家製ピッツア生地は、高温の薪釜で焼いても水分が逃げないよう約40時間かけて発酵させているため、中はパリっと、耳はモチモチ。中でも1日限定10食・国産有機栽培小麦100%使用のピッツア“ダ・オルト”は、生地の味わいが強く感じられる通好みの味わい。素材本来の味、安全性に着目した同店は、早くも話題になりそうだ。

(取材=編集部)

店舗データ

店名 Dall’orto(ダ・オルト)
住所 東京都目黒区青葉台1‐23‐3 青葉台東和ビル1F
アクセス 東京メトロ日比谷線、東急東横線・中目黒駅より徒歩5分
電話 03-6801-7693
営業時間 月~金  17:00~27:00(L.O.25:30)
土曜   12:00~28:00(L.O.27:00)
日・祝日 12:00~23:00(L.O.22:00)
定休日 無休
坪数客数 90席 ※個室有り
(5室:4~12名対応/個室料2,000~6,000円)
運営会社 株式会社オーガニックファクトリー
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.