飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

西新宿エリアで展開を広げる「ろばた翔」のグループが、新宿三丁目に「焼鳥さく田」を開業。単価8000円、「高級店と大衆店の合間」の価格帯を狙い、ハイブランドの確立を目指す!


今後も高単価業態の展開を検討。後進の育成にも力を入れ、独立支援の仕組みづくりにも注力していく

現在、開業して1ヶ月ほどだが、すでにリピーターもおり、お客の反応は良いという。「特に『コースの内容に対してコスパがいい』、『安すぎる』という声をよくいただいています」。一般的に、高級焼鳥店のコースというと、1~2万円の単価が相場だが、「焼鳥さく田」の現在の平均単価はドリンク込みでも8000円程度。高級焼鳥と、大衆的な焼鳥店との中間点を狙っている。「実は、この価格帯って、従来の焼鳥店のマーケットでは空白地帯だったんです。そこにターゲットを絞り、高級店に見劣りしない食材を揃え、風情を演出しつつ、丁寧かつ親近感のある接客で、カジュアルさも出していこうと思っています」。今後、現在のコースにオプションプランをつけてお客の選択肢を増やし、店舗としての単価の底上げを図る考え。また、「焼鳥さく田」の事例をベースに、姉妹店の炉端焼きも高単価ブランド立ち上げの準備を着々と進行中だ。

また、会社としては経営者の育成に力を入れていく。「私自身、自分が経営者になって、複数店舗を切り盛りできるようになってから、ようやく自分の人生の選択肢が増えたように感じています。楽しい毎日を過ごさせてもらって。でも、自分だけ良ければいいかと問われれば、そうではない。周りの仲間にも、同じように幸せになってもらうことが、私自身の幸せなのだと思うんです」。まず、目指すは作田氏の独立。その後も、独立支援の仕組みを確立し、多くの経営者を輩出していくことを目指す。

右から、店長の作田聖和氏、國屋代表の國利翔氏、スタッフの市川実桜子氏。國利氏曰く、作田氏は「期待の新星」で、複数店舗を運営するフェーズまでサポートしたいと考えている

(取材=高橋 健太)

店舗データ

店名 焼鳥さく田
住所 東京都新宿区新宿3-17-21川元ビル2F

 >> GoogleMapで見る

アクセス 東京メトロ副都心線新宿三丁目駅B5出口から徒歩1分
電話 050-5447-0795
営業時間 17:00~24:00(L.O.23:30) ※予約制、22:00以降はBARタイムでアラカルトのみの注文が可能
定休日 日曜
坪数客数 約15坪 18席 
客単価 8000円
運営会社 株式会社國屋
オープン日 2022年9月12日
関連リンク 焼鳥さく田(HP)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.