飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

西新宿エリアで展開を広げる「ろばた翔」のグループが、新宿三丁目に「焼鳥さく田」を開業。単価8000円、「高級店と大衆店の合間」の価格帯を狙い、ハイブランドの確立を目指す!


上質な食材や豊富な品数のコースをリーズナブルに提供し、満足度を高めてリピートを狙う

メニューは全15品、6000円のコースのみ。「先付」、「椀」から始まり、「ササミ」、「もも」、「手羽」といった正肉。「ハラミ」、「こころ」、「あか」といったホルモン。さらに、2種の「野菜串」と「キンカンつくね串」。各串の合間には「サラダ」や「箸休め」が挟まれ、「土鍋ごはん」、「甘味」で締めくくられる。「鶏肉は、銘柄より鮮度を重視しています」と、國利氏。卸業者が厳選した朝どれの鶏を、毎日仕入れている。また、野菜は農家から旬のものを直送で。米は北海道の「ななつぼし」を使用。「焼鳥店の締めというと、卵かけごはんや鶏丼のようなものが定番ですが、ウチは『ごはんそのものがおいしいよ』ということを伝えたくて、土鍋ごはんにしました」。コース全体を通して、素材の味をストレートに伝えることを狙いとしている。また、22時以降はbarタイムとして、アラカルトメニューを注文することが可能だ。

フードをコースのみに限定している一方で、ドリンクは多くのお客の好みに合わせられるよう幅広く用意する。「サッポロ黒ラベル」(650円)、「クラフトビール各種」(1000円)といったビール。「デュワーズハイボール」(450円)、「角瓶ハイボール」(500円)といったハイボール。「生すだち酒ソーダ」、「純国産 いちご和まっこり」(各650円)といった果実酒。「生檸檬サワー」、「林檎酢サワー」、「西尾の抹茶ハイ」(各600円)といったサワー類。「焼酎(麦、芋、黒糖、栗)」(各650円)、「クラフトジン」(500円~)など、豊富なレパートリーを揃えている。また、「日本酒」(グラス650円)や「ワイン(赤、白、泡)」(グラス700円~、ボトル3500円~)は、料理とのペアリングも重視し、お客が口にしている料理をみたり、好みをヒアリングしたりして、合う酒を提案する。

コースで提供する焼鳥は10種以上。「食べている間に飽きがこないように」と、先付や椀、サラダなどを折々のタイミングに挟む

現在、コースは1種類だが、今後は「トリスキ」などもオプションで加え、お客の選択肢を広げていく準備を進めている

店舗データ

店名 焼鳥さく田
住所 東京都新宿区新宿3-17-21川元ビル2F

 >> GoogleMapで見る

アクセス 東京メトロ副都心線新宿三丁目駅B5出口から徒歩1分
電話 050-5447-0795
営業時間 17:00~24:00(L.O.23:30) ※予約制、22:00以降はBARタイムでアラカルトのみの注文が可能
定休日 日曜
坪数客数 約15坪 18席 
客単価 8000円
運営会社 株式会社國屋
オープン日 2022年9月12日
関連リンク 焼鳥さく田(HP)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.