飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

京都の老舗を事業継承し2号店を東京に出店!「マルミヤ亭 上野店」が開業。「むし豚」「豚足」「豚ホルモン焼き」が名物の大衆居酒屋、今後フランス・パリ進出も視野に

12月19日、上野に「マルミヤ亭」がオープンした。昭和47年創業の京都の老舗「マルミヤ亭」を事業継承したライト(京都市中京区、代表取締役:岩本俊一氏)が、同ブランドの2号店として京都から東京進出。「守るべきところは守り、変えるべきところは変える」をミッションに、創業時から受け継がれる名物の「むし豚」「豚足」「豚ホルモン焼き」はそのままに、酒飲み文化の色濃い上野に合わせた独自メニューもプラス。今後、国内はもとよりフランス・パリ進出も視野に入れ、「マルミヤ亭」ブランドの多店舗展開に挑む。


「ちゃんぼん亭総本家」のドリームフーズ出身2人が、京都「酒場エビス」で独立

数多の酒場が軒を連ねる上野アメ横エリア。酒場のメインストリートであるアメ横商店街からJRの線路を挟んだ1本先、御徒町中央通りに「マルミヤ亭 上野店」がオープンした。「マルミヤ亭」は京都・東九条で昭和46年に創業し、多くの人に愛されてきた老舗大衆居酒屋だ。故・宮本和子氏が始めた小さな店は、その子孫へと代替わりし営業していたものの、以後の後継者不在で運営の継続が困難となった。2019年、ライトが事業継承し、創業時と同じ建物で「マルミヤ亭」を復活。さらなる展開を見据え、「マルミヤ亭」の看板を背負って東京進出を果たした。

同社では「マルミヤ亭」に加え、ほか京都・河原町で「酒場エビス」も運営している。代表の岩本俊一氏は大学卒業後パチンコ会社へ就職。その後、フランス・パリで知人とともに韓国料理店の立ち上げをすべく渡仏した。2年後に帰国し、京都で商業施設の不動産開発を行う会社に勤務。その中で縁あって滋賀県を中心に全国で「ちゃんぽん亭総本家」などを展開するドリームフーズ(滋賀県彦根市)の店舗開発責任者に抜擢される。その中で、同社で商品開発責任者をしていた定國陽一氏と出会い、後に2人は銀座でもつ鍋店の立ち上げを任される。「せっかく上京したので、定國と一緒に東京の下町酒場を巡り、すっかりその魅力にハマってしまって。このカルチャーをインスパイヤしたネオ酒場を京都でやろうと独立しました」。2人は同社を退職し、2017年7月、「酒場エビス」をオープンした。

店舗データ

店名 マルミヤ亭 上野店
住所 東京都台東区上野6-8-4

 >> GoogleMapで見る

アクセス 上野駅、御徒町駅から各徒歩5分
電話 080-4116-5038
営業時間 15:00~23:00、日曜のみ15:00~21:00
定休日 月曜
坪数客数 11坪20席
客単価 3000~4000円
運営会社 株式会社ライト
オープン日 2021年12月19日
関連リンク ライト(HP)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.