飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

「それがし」や「とり口」を運営するJOが恵比寿に「豆富食堂」を開業。大豆から手作りする豆腐工房併設のショップ兼食堂、飲食業に製造業も絡める経営体制を目指す

11月30日、豆腐の製造工房を併設した「豆富食堂」が恵比寿にオープンした。経営は五反田や恵比寿などで飲食店を展開するJO。既存の飲食店とは異なる新コンセプト事業で、豆から手作りするできたての豆腐の美味しさや、新しい豆腐の楽しみ方を提案する。地域住民のみならず健康意識の高い層にも訴求し、朝・昼・夜・中食の需要に応える「食のインフラ」を目指す。今後は同店で提供する「豆腐白湯」の専門店化や、飲食店や小売店に向けて豆腐のBtoBでの卸売など多角的な事業の展開も見据え、ブランディング強化にも注力していく考えだ。同社がこれまで取り組んできた従来の飲食店経営に製造業も絡め、コロナ禍でも強い経営体制を目指す。


食のインフラを目指し新事業に着手。店内製造の豆腐をウリにした店づくり

2021年11月、恵比寿駅からほど近い場所に開業した「豆富食堂」は、製造設備を併設した工房付きの食堂だ。宮城県産大豆「ミヤギシロメ」を使い、毎日作る豆腐は一般的な豆腐よりも濃厚な味わいと評判。食堂ではアジア各国の食文化から着想を得た豆腐料理を提供するほか、店入口のショップで豆乳や豆腐などテイクアウト商品も販売する。

恵比寿駅から恵比寿西一丁目の五差路交差点を右折し徒歩3分、JRの路線沿い角地に立地。入口は全面ガラス張りで視認性も良い。入口横の小窓から豆腐や豆乳、甘味などのテイクアウトを販売する

経営は、日本酒ブームの火付け役となった「それがし」や焼鳥「とり口」、イタリアン「LOVAT」はじめ、五反田や恵比寿を中心に合計8の店舗とブランドを展開するJO(東京都品川区)。2021年2月、あんこにフォーカスしたスイーツブランド「あんこと」を立ち上げるなど新事業にトライしている同社。「豆富食堂」も今まで出店してきた飲食店とは大きく異なるスタイルだ。代表取締役の尾山淳氏は、コロナ禍を機に飲食店の在り方を模索してきたという。「今後は “食のインフラ”となるべく、飲食店に製造業を絡めるような業態を考えました。候補に挙がったのは『コメ』と『豆』。大豆の生産者や豆腐屋との縁があったことから方向性も決まったんです」と話す。

新業態の基軸を託されたのは、五反田の鳥料理「それがし」に勤務していたJOの社員・佐藤克久氏。店舗休業を余儀なくされた緊急事態宣言中、佐藤氏はもうひとりの社員とともに老舗豆腐店で修業に励んできた。これまでとは全く違う仕事内容だが、佐藤氏は新事業に携われる嬉しさと同時に、シンプルがゆえに奥深い豆腐作りに面白さを感じているという。工房には伝統製法に重きを置きつつ、消泡剤無添加の豆腐を製造できる最新設備を導入。「おいしさ」だけでなく「安心・安全」「体への優しさ」を訴求する。

物件の場所は、JOの既存店も多く尾山氏自身も土地勘のある恵比寿。もともと豆腐は良質なタンパク質であり、ローカロリーでグルテンフリーという側面もあることから、ターゲットは女性だけに絞らず幅広い世代に受け入れられるようコンセプトを考案した。店内はシンプルな空間を意識している。

シンプルな食堂をイメージした店内。コの字型のカウンター席ほか、テーブル席の計40席を有する

店舗データ

店名 豆富食堂(とうふしょくどう)
住所 東京都渋谷区恵比寿西1-3-1

 >> GoogleMapで見る

アクセス 恵比寿駅から徒歩約3分
電話 03-6455-2516
営業時間 12:00~14:30 (LO14:00)、17:00〜23:00(LOフード22:00、ドリンク22:30)、ショップ12:00〜売り切れ次第終了
定休日 なし(2月中のみ日曜)
坪数客数 37坪、40席(うち13坪は工房)
客単価 昼1000円、夜3000円
運営会社 株式会社JO
オープン日 2021年11月30日
関連リンク 豆富食堂(HP)
関連リンク 豆富食堂(Instagram)
関連リンク 焼鳥専門店とり口(記事)
関連ページ 肉料理 それがし(記事)
関連ページ LOVAT(記事)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.