飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

LIVE CREATE卒業生が茅場町に「BistroEL」を開業。新概念のネオ・フレンチ×自然派ワインをコンセプトに、恵比寿の姉妹店「Porto Bello」の人気に続く!


正統派フレンチをベースに、見た目も楽しめるエンタメ要素を盛り込む

「BistroEL」を牽引するのは20代~30代の2人だ。ひとりはシェフとして腕を振るう28歳の髙波和基氏。白金高輪のフレンチ「ラ クープドール」でレストランパティシエとしてキャリアをスタートし、その後メインまでを担当。神楽坂「レ・ピコロ」などでも経験を積み、マーベリックスに入社している。パティシエとしての出自も活かした独創性のあるメニューを開発し、他店との差別化を図っていく。もうひとりはマネージャーの山田舜氏。入社歴4年半のうち3年は「Porto Bello」店長として経験を積んでおり、その後「BistroEL」立ち上げメンバーとして呼ばれた形だ。J.S.A認定ソムリエでもある山田氏は、髙波氏の料理を引き立てるドリンクを3か月かけてじっくり厳選。とくに国内外から取り寄せたワインは50種類を超える。

料理はアラカルトほかコースで提供。正統派フレンチをベースにエンタメ要素を盛り込んだ一品が並ぶ。例えば「フォアグラのシナモンサブレ」「いちじくバタークリームのマカロン」(各380円)など、髙波氏が「以前から取り組んでみたいと思っていた」という焼き菓子をワインに合うスタイルにアレンジしたアミューズ。見た目のユニークさと確かな味でお客の心をつかんでおり、4種すべてを盛り合わせでオーダーされるケースがほとんどだという。スペシャリテのひとつである「茶碗蒸し北海道産殻付きウニのフラン」(1P/980円)は、ウニの殻を器に、生ウニを贅沢に使う茶碗蒸し風のフラン。トップには昆布の泡をのせており、フレンチ×和食の楽しみ方を提案する。

アミューズ全4品盛り合わせ。左から「フォアグラのシナモンサブレ」「いちじくバタークリームのマカロン」「ほうれん草とピスタチオのフィナンシェ」「サーモンのグジェール」各380円

日本人が作るフランス料理が好きだと話す髙波シェフのスペシャリテ「北海道産殻付きウニのフラン」

メインはガラスドームに燻製の香りを閉じ込めた「イベリコ豚のロースト~瞬間燻製 マデラ酒のソース~」や、希少部位を使った「漢方和牛 カイノミの網焼き ~季節野菜のロースト 赤ワインソース~」(3280円)などがラインアップ。その他、「ホタテとマッシュルームのオイルパスタ 香草パン粉がけ」(1680円)などのパスタ&リゾットや「カカオとグリオットのミルフィーユ」(780円)などのデセールも並ぶ。

「イベリコ豚のロースト~瞬間燻製 マデラ酒のソース~」。燻香に負けないイベリコ豚にマデラ酒で甘めのソースを、付け合わせにはゴボウのグレッグ(白ワイン煮)を合わせている

店舗データ

店名 BistroEL(ビストロエル)
住所 東京都中央区新川1-6-12 AIビル茅場町1F

 >> GoogleMapで見る

アクセス 茅場町駅から徒歩約5分
電話 03-6262-8979
営業時間 11:30〜15:00(LO14:30) /17:30〜23:00(LO22:00)
定休日 土曜、日曜
坪数客数 約17坪 30席
客単価 6000円
運営会社 マーベリックス株式会社
オープン日 2021年12月1日
関連リンク BistroEL(Instagram)
関連ページ Porto Bello(記事)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.