飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

中野に「片山鳥肉店」がオープン。新宿歌舞伎町から戦略的移転、5階建て一棟のビルをまるごと使い、フロアごとに別業態を展開する32歳経営者のアイデアが冴えまくる!


不動産業者とのつながりを活かした物件リサーチ能力と焼鳥のノウハウで、FCやコンサル業での展開も視野に

新宿店での経験や今回の出店を通して、片山氏は飲食店開業における物件選びの重要性に気づいたという。「とにかく、物件選びは大変。なかなかいい物件が見つからないし、出てきたら流れてしまうことも少なくありません。けれど、気持ちとしては早くオープンさせて売り上げを立てたいから、結局、理想とは違う物件で妥協。結果的に思ったような店づくりができず、売上や利益を圧迫してしまうケースって、結構多いと思うんです」。自身も新宿店で自分のキャパシティを超えた店づくりを経験したからこそ、今回の出店では多くの不動産業者とつながりを持ち、数多の物件を精査した。「そのときにつながった不動産業者との関係は続いていて、今でも逐一最新の物件情報が入ってくるような状態です」。今後は、不動産関連に広くリーチできる強みと、専門性の高い焼鳥店の仕込みやオペレーションの知見を活かして、新規参入の飲食店が利益を出しやすいビジネスモデルやノウハウの構築を思案。FC展開やコンサルティングなどの展開も視野に入れている。また、他の飲食店とのコミュニティを作ることにも意欲的だ。「例えば、地方の魅力的な肉や魚、野菜を仕入れようとしても、多店舗展開していない個人店では配送料で原価が跳ね上がります。でも、飲食店同士でコミュニティを形成し、そこを仕入れの拠点にすれば、個人店でも原価を圧迫せずに良質な食材を使うことができると思うんです」。さらに、使っている食材の生産地の映像をプロジェクトマッピングに映してお客に観てもらうことで、生産者の情報発信と、旅情感や没入感を演出することも考えている。「飲食業はエンターテイメント」と語る片山氏の頭の中には、次なるアイデアがたくさん浮かんでいる。今後の展開も、要チェックだ。

左からスタッフの田中優大氏、オーナーの片山拓弥氏、弟の片山直貴氏。料理は直貴氏が中心となって考案している

(取材=高橋 健太)

店舗データ

店名 片山鳥肉店
住所 東京都中野区中野3-34-16飯田ビル1-5F

 >> GoogleMapで見る

アクセス 中野駅南口より徒歩2分
電話 080-7825-3834
営業時間 17:00~24:00
定休日 無休
坪数客数 坪数55坪 1階8席、2階18席、3階30席、4階14席(予定)、5階20席 
客単価 1~3階 4000円~5000円、4階 6000~7000円
運営会社 Japrise株式会社
オープン日 2021年10月25日
関連リンク 片山鳥肉店(Twitter)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.