飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

プレジャーカンパニー出身の店主が三軒茶屋に「餃子バル ちから」を開業。「PIZZA&WINE RIKI-A」に続く2店舗目、焼き餃子ほか中国料理を小ポーションの低価格で提供し、認知度アップを目指す


前菜は税抜き380円で統一。中国料理を小ポーションで注文しやすく

「餃子バルちから」のメニューは赤坂「四川飯店」で経験を積んだ料理長・朝倉匠玖氏と考案。中国料理の前菜から鶏料理、一品料理、〆の炒飯と白飯などご飯ものまで揃えている。看板商品の餃子は「鶏パイタン焼き餃子」(418円)「大葉入り棒餃子」(550円)「にんにく餃子」(528円)の3種類で、「鶏パイタン焼き餃子」はプレジャーカンパニーの子会社、Crest Factoryが運営するラーメン店「RAMEN FACTORY TORISETSU(ラーメンファクトリートリセツ)」から仕入れる鶏パイタンスープを使用。ゼラチンで固めて包み焼きするため、小籠包を思わせるジューシー感が特徴だ。「大葉入り棒餃子」は女性に、「にんにく餃子」は男性受けが強く、3種ともバランスよく出るという。

女性人気の高い「大葉入り棒餃子」など、餃子は焼きのみで3種類。白菜を使用し、「にんにく餃子」以外はニンニクもニラも入れない

 

前菜は干豆腐を使った「ガンスーの冷菜」や「青島ピータン」「油淋茄子(ユーリンナス)」など約12種類。このカテゴリは税抜き380円(税込み418円)で統一し注文しやすくしている。その他、「棒棒鶏(バンバンジー)」や「よだれ鶏」(各638円)「鶏軟骨の唐辛子炒め」(968円)など、鶏料理のカテゴリがあることも特徴的。どれも本格的な中国料理が並ぶが、中には「アジアンビストロDai」の人気メニュー「スパイシーチキンウイング」(583円)もラインアップする。

「石焼き麻婆豆腐」(1078円)など、四川飯店出身の料理長と考案した本格料理が低価格で食べられるのもウリのひとつ

 

ドリンクはビールやサワー、グラスワインなど定番を揃えるほか、メガサイズを用意。「キリン一番搾り」は通常528円でメガは913円、「レモンサワー」は通常440円、メガ770円と設定。ボトルワインは置かず、代わりに紹興酒を揃えている。

店舗データ

店名 餃子バルちから(ぎょうざばるちから)
住所 東京都世田谷区太子堂3-14-4 エスペランサ三軒茶屋1F

 >> GoogleMapで見る

アクセス 三軒茶屋駅から徒歩6分
電話 03-5787-5568
営業時間 月~木18:00~25:00(LO24:00)、金~土18:00~翌5:00(LO翌5:00)日曜13:00~24:00(LO23:00)
定休日 不定休
坪数客数 約12.5坪、20席
客単価 2700円前後
運営会社 株式会社 spiceMix
オープン日 2021年10月18日
関連リンク 餃子バルちから(Instagram)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.