飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

吉祥寺ハモニカ横丁「ニワトリ」2階で「雲ガクレ」が土日限定で営業中。酒類メーカーの営業マンが間借りでオープン、看板のない「ショップinショップ」のスタイルが話題沸騰


営業マン×店舗運営の相乗効果を狙う。今後は独立も視野に

9月最初の土日、4日から営業を開始。当初は知人を中心に集客していたが、次第に口コミが広がり、店のInstagramを見た人など知人以外の来店も増えているという。現在は、全7席の店内に1日15人ほどが訪れ、おおよそ2回転している状況だ。「ハモニカ横丁の他のお店の方に挨拶をした際、『横丁で噂になっているよ!』と言われた時は嬉しかったですね」と大河内氏。

今後も、大河内氏は酒類メーカーに勤務しながら、土日に同店の運営を続けていく意向だ。「雲ガクレ」に手ごたえを感じつつも、まだまだ営業の仕事でもやりたいことはあるという。「自身が飲食店を運営することで、飲食店に対して営業の仕事を行う際、より飲食店に寄り添った提案ができるようになるのでは、という目論見もあります。営業と店舗運営に同時に取り組むことで、相乗効果を生み出したい」と話す。

さらに将来は、富田氏、内藤氏とともに自店舗での独立も考えている。大河内氏がやりたいのは、「新しいかたちのスナック」だ。「今後の飲食店において、人とのつながりに価値が置かれるスナックはなくなることはないだろうと考えています。例えば、廃業した場末のスナックの物件を改装し、今時らしさを加えた新しいかたちのスナックをやれたらいいですね」と大河内氏。「もし自店舗を開業したとしても、この『雲ガクレ』も引き続き営業します。ハモニカ横丁の飲み文化の強い商圏で店をやれていることは強み。いずれは仲間を増やしながら、一つ一つ、“いい店”を作っていきたい」とも話す。

写真中央が代表の大河内 翔氏。写真右が富田竜太氏、左が内藤 治氏。普段、富田氏はダンサー、内藤氏は俳優として活躍。今後も3人で飲食店の展開を行っていく意向だ

(取材=大関 まなみ)

店舗データ

店名 雲ガクレ
住所 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-4 ニワトリ2F

 >> GoogleMapで見る

アクセス 吉祥寺駅から徒歩3分
営業時間 土日のみ17:00〜23:00
定休日 月~金
坪数客数 約3.5坪7席(+テラス5席)
客単価 3500円
オープン日 2021年9月4日
関連リンク 雲ガクレ(Instagram)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.