飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

「蕎麦前酒場 はんさむ 裏渋谷店」がオープン。グローバルダイニング卒業生が仕掛ける「ネオ大衆蕎麦居酒屋」スタイルが、下北沢、用賀に続き神泉に登場。すでに坪月商50万円のヒット!


種類豊富な日本酒で、初心者から通まで幅広くアプローチ。蕎麦屋らしさ全開のドリンクも

つまみは「蕎麦焼き味噌」(480円)や「鶏キンカンのニラ玉」(480円)、「つくば鶏白レバーのオイル漬け」(580円)、「生蛍烏賊の自家製沖漬け」(580円)など、日本酒に合う味付けに仕上げた酒の肴が中心で、「酒あて三種盛り合わせ」(980円)としてセットにすることも可能。「濃厚ごろごろもつ煮込み」(580円)、「有機野菜のサラダ」(780円~)、「雲丹とイクラの湯葉巻き磯部揚げ」(880円)、「栃尾揚げの辛味噌キツネ焼き」(680円)など、バリエーション豊富な品書きだ。

ドリンクは、常時20種以上を取り揃えている日本酒がウリ。全国津々浦々の銘柄から、岡崎氏が厳選した取り合わせで、内容は随時入れ替わる。「ぐい吞み」(350円~)、「グラス」(850円~)、「片口」(1500円~)と、サイズを分け、お客の気分やシーンで自由に選べるように配慮。日本酒初心者にも楽しんでもらえるよう、「三種飲み比べ」(1000円)も用意している。また、蕎麦茶のティーバッグを沈めて風味を醸し出したウイスキーを使った「蕎麦ハイボール」(580円)や「蕎麦湯割り(温・冷)」(580円)といった、蕎麦屋ならではのドリンクも用意。「おいしいレモンサワー」、「甘口レモンサワー」、「しょっぱいレモンサワー」、「辛口レモンサワー」(各580円)と5種揃えたレモンサワーも、岡崎氏おすすめの品だ。ほかにも、ビールは「キリン一番搾り 生」(580円)と「キリンラガー 中瓶」(680円)を揃え、焼酎も芋、麦、蕎麦(各550円~)を用意するなど、幅広いお客のニーズに応えられるようなラインナップを用意している。

今回の店舗では、日本酒に力を入れた岡崎氏。「三種飲み比べ」や数種類のサイズを用意することで、初心者でも気軽に日本酒に触れてもらう狙いだ

店舗データ

店名 蕎麦前酒場 はんさむ 裏渋谷店
住所 東京都渋谷区円山町23-10 カサテル・ムラノ1F

 >> GoogleMapで見る

アクセス 京王井の頭線神泉駅から徒歩3分
電話 03-6783-0072
営業時間 【月~金】ランチ11:30~15:00、ディナー17:00~23:00【土日祝】11:30~23:00
定休日 不定休
坪数客数 14坪 23席
客単価 ランチ1000円、ディナー4800円
運営会社 株式会社Scrach Kong
オープン日 2021年4月30日
関連リンク 蕎麦前酒場 はんさむ(HP)
関連リンク 蕎麦前酒場 はんさむ 裏渋谷店(Instagram)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.