飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

「蕎麦前酒場 はんさむ 裏渋谷店」がオープン。グローバルダイニング卒業生が仕掛ける「ネオ大衆蕎麦居酒屋」スタイルが、下北沢、用賀に続き神泉に登場。すでに坪月商50万円のヒット!


事業計画よりも早い段階での店舗展開。コロナ禍もチャンスと捉え、3店舗目の出店へ

独立準備に入った岡崎氏は、地元である横浜寄りの街で物件を探していた。街の中心と住宅街の合間の立地で、1階の路面店。広さは10坪から15坪程度、席数は20席前後という物件を理想としていたが、なかなか条件に合うものが出ず、難航。そんな折、条件に近い物件が出てきたのが、下北沢だった。「私自身、明治大学出身で下北沢は馴染みのある街でした。内覧のために街を歩いていた時、偶然、学生時代の先輩から『よっ』と声をかけられた瞬間、『あ、この街ならいけるな』と感じたんです」と、独立第一店舗の地を下北沢に決め、2016年7月、「蕎麦と鶏 はんさむ 下北沢本店」を開業。グローバルダイニングでの修業時代に培った技術を活かした、蕎麦と焼鳥が看板の居酒屋だ。当初は深夜帯も含めた夜の時間の売上を伸ばす予定だったが、試しに始めたランチが予想外のヒット。開業から2年後という、岡崎氏の事業計画よりも早い段階で、2018年1月、二店舗目「蕎麦と鶏 はんさむ 用賀店」を開業。こちらは、一店舗目より席数が多く、ツーフロアであったためオペレーション面で苦戦を強いられたが、度重なる試行錯誤で改善。ようやく売上が上向き、次店舗を出せるほどの人材が育ち始めた頃、新型コロナウイルスが猛威を振るい始めた。岡崎氏は「この時点で、スタッフには『次の店を出す』という前提で色々仕事を教えていました。コロナ禍による営業自粛など、ハードルは多かったのですが、やはりスタッフに対する責任を果たすべきだと思ったんです」と、出店を決意。時期的に条件の良い物件も多く、銀行の融資も受けやすい状況だったため「逆にチャンスだと捉えることにしました」と、語る。そして2021年4月30日、神泉で「蕎麦前酒場 はんさむ 裏渋谷店」を開業した。

日本酒に目が行くよう、広い酒棚を設置。天井を走る曲線状の竹は蕎麦のイメージで、反対側の壁に描かれた枯山水がモデルの壁画に繋がる凝ったつくりでお客の目を楽しませる

店舗データ

店名 蕎麦前酒場 はんさむ 裏渋谷店
住所 東京都渋谷区円山町23-10 カサテル・ムラノ1F

 >> GoogleMapで見る

アクセス 京王井の頭線神泉駅から徒歩3分
電話 03-6783-0072
営業時間 【月~金】ランチ11:30~15:00、ディナー17:00~23:00【土日祝】11:30~23:00
定休日 不定休
坪数客数 14坪 23席
客単価 ランチ1000円、ディナー4800円
運営会社 株式会社Scrach Kong
オープン日 2021年4月30日
関連リンク 蕎麦前酒場 はんさむ(HP)
関連リンク 蕎麦前酒場 はんさむ 裏渋谷店(Instagram)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.