飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

学芸大学に「ポップガストロノミー レインカラー」が開業。ワイン食堂、大衆酒場に続くレインカラー3店舗目、ガストロノミーの世界観を大衆酒場に落とし込み、新しい食文化を提案


ガストロノミーを単価3500円で。ホッピーやチューハイとの組み合わせを提案

メニュー表は「まず、間違いないやつ」「お酒どろぼう」「国境を越えて合う」「ぶっ飛ぶフライ」といったユニークなネーミングのカテゴリーで分かれている。フレンチ、イタリアンを基調にしつつ、和やアジアンなど多国籍なエッセンスを交えたオリジナリティあふれる品々が全40品ほど。皿の余白を生かした盛り付けや、高級素材を取り入れたり、ハーブやスパイス使いなど高単価レストランを思わせる品々が揃う。しかし価格はどれも税別で一皿1000円を超えない設定がキモになっている。

料理に合わせてドリンクはワインが主役かと思いきや、サワー、ハイボール、ホッピーといった大衆酒場定番のドリンクが大きく打ち出されている。例えば、「チューハイ」「緑茶ハイ」「角ハイボール」は各429円、「シチリアのレモンサワー」「桃の初恋サワー」は各539円、「生ビール」(サントリー)は649円。ホッピーは外(黒・白)が330円、中は「キンミヤ焼酎」が100円からと、リーズナブルな大衆酒場価格。ほか、日本酒、焼酎、ワインも揃える。トータルの客単価は3500円、その金額で「ガストロノミー」が体験できる。しかし「当店は単に安いレストランではなく、あくまで大衆酒場です」と手島氏は言う。

「2店舗目の『大衆酒場レインカラー』を開業する際、既存の『ワイン食堂』の単価5000円では『頻繁には来店できない』というお客様の声がありました。そこで『大衆酒場』は単価2500円に設定。若い人も安心して来店できる価格設定で、大衆酒場の良さを知ってもらいたかった。今回の『ポップガストロノミー』も同様、単価3500円を超えないことを強く意識しました。美味しいものを提供しようと思えば価格はいくらでも高くできますが、それでは『大衆酒場』ではなくなってしまう。普段、数万円するような高級レストランに行かない若い人にも、『大衆酒場』として、気軽にガストロノミーの魅力を伝える店にしたかったんです」と手島氏。

俵型に成形したポテトサラダにコハダをのせ、まるで握りのように仕立てた「小肌のポテトサラダ クレソンのソース」(759円)は、見た目のインパクトもあり特に人気の品

チーズリゾットに豚の角煮をのせ、甘辛いソースをかけて山椒の香りを利かせた「魯肉飯」(979円)。よくあるルーロー飯のパーツを分解、再構築した一品

「フィレンツェ名物 高級ミニモツバーガーCiziaのトスカーナパン」(759円)は、西小山の「Cizia(チッツィア)」とのコラボメニュー。自家製パンに定評のある同店が焼く、塩を使わないトスカーナパンを使用

店舗データ

店名 ポップガストロノミー レインカラー
住所 東京都目黒区鷹番3-3-14 Roof B1F

 >> GoogleMapで見る

アクセス 学芸大学駅から徒歩30秒
電話 03-5708-5512
営業時間 17:00〜24:00
定休日 不定休
坪数客数 28坪46席
客単価 3500円
運営会社 株式会社レインカラー
オープン日 2021年9月2日
関連リンク 大衆酒場レインカラー(記事)
関連リンク ポップガストロノミー レインカラー(Instagram)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.