飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

香港の寿司ブームの火付け役寿司王”が日本初進出、赤坂に「板前寿司」1号店をオープン! “

(取材=編集部)


板前寿司ジャパン(港区赤坂、代表取締役・中村桂氏)は、香港で「板前寿司」を13店舗展開、寿司ブームの火付け役となった"キング・オブ・スシ(寿司王)"と名高いリッキー・チェン社長とタッグを組み、12月17日、日本進出第1号店となる「板前寿司赤坂店」をオープンした。「おいしくて、安い」をモットーに香港で大成功を収めた実績とスケールメリットを生かし、日本でもチェーン展開を目指す。 赤坂店はフラグショップ的な存在として、日本の寿司業界にさまざまな話題を提供していく。その一例として、東京築地市場の初競りで青森県大間産の生鮮本まぐろ(276キロ)を607万2,000円で競り落とし、店頭にて解体ショーを開催。「大間本まぐろ大放出祭」と銘打って、3貫800円で販売中(市場価格4500円以上、品切れ次第終了)だ。開店直後に大好評だった半額セールなど、採算を度外視したイベントを今後も予定している。 木の風合いを生かしたスタイリッシュな内装は、従来の寿司屋のイメージを一新した。1階はカウンターとテーブル席のカジュアルな雰囲気で、ビジネスの合間に気軽に利用できる。2階にはカウンターのほか、掘り座敷、個室もあり、デートや接待、歓送迎会から合コンまで、幅広いニーズに対応できる。寿司の味を引き立てるワインを取り揃えているほか、英語、広東語を話せる日本人板前もいるので、外国人の接待にも最適。 冷凍ものを一切使用せず、活にこだわったネタは高級寿司店と同クラスのもの。「時価」といったあいまいな表示はせず、すべて料金を明示。気軽に安心して、美味しい寿司を堪能できる。主なメニューは、勝浦産天然さわら炙り(1貫150円)、長崎産天然ひらまさ(1貫180円)、淡路産天然鯛(1貫270円)、富山産白海老(1貫270円)、三陸産こぼれいくら(1貫270円)、北海道産完全無添加うに(1貫380円)、北海道産超特大帆立(1貫430円)、北海道産特大牡丹海老(1貫480円)など。ランチ握りセットは1,000円。

店舗データ

店名 板前寿司赤坂店
住所 東京都港区赤坂3-8-17 パンジャパンビル1F/2F

 >> GoogleMap見る

電話 03-6659-7288
営業時間 11:30~深夜5:00(L.O.4:00)
坪数客数 74坪 88席
運営会社 株式会社板前寿司ジャパン
関連リンク 板前寿司
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.