飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

「でですけ」を展開するエスカンが3月22日、新業態店「鳥ばか一代」を銀座に開業!〆の一品まで充実した鶏料理づくしのメニューでお客を魅了する!


「恵比寿 でですけ」「鮨 でですけ」「ホルモン でですけ」など“でですけ”と名づけた様々な繁盛飲食店を展開するエスカンが、3月22日に新業態店を東京・銀座にオープン。高級やきとり店も多い銀座という立地の中、店づくりはそうした高級店に負けない落ち着いた造りを採用しながらも、手頃な価格でメニューを構成することで気軽な利用を促している。店名の「鳥ばか一代」とは、従業員が一丸となって本気で“鳥ばか”になって取り組んでいくという固い決意を表わしたもの。一時的な流行の店で終わることなく、長く銀座という街に根づいていく息の長い経営を目指しての命名だ。メニューはクイックメニューから〆の食事メニューまで、鶏づくしの内容で構成。鶏肉は銘柄鶏の水郷赤鶏を主体に、東京軍鶏、薩摩地鶏、比内地鶏などを用い、お客の多様な嗜好に対応する。水郷赤鶏は朝じめの新鮮なもので、ジューシーさが持ち味。一方、東京軍鶏や薩摩地鶏、比内地鶏は肉質のよさが特徴で、料理によってそれぞれ最適なものを使い分ける。メニューの核となる焼とりは「銀皮」(1本230円)から「フォアグラ」(1本780円)まで21種揃える。1本あたりの価格は高めだが、1本50gとボリュームを持たせ、食べ応えのある内容に仕上げている。また、コラーゲンたっぷりの鍋料理の「鶏ガラ炊き鍋」(1人前1,700円、2人前からの注文)や、〆の食事メニューの「絶品親子丼」(1,100円)、「口福焼とり丼」(950円)、「濃厚スープ炊き雑炊」(650円)、「とりめし」(1個250円)など、脇を固める料理も充実。例えば「絶品親子丼」は、炭火焼した薩摩地鶏のモモ肉を卵でとじるなど、炭焼きの香ばしさで食欲をそそるひと工夫。その他、刺身の「東京軍鶏と赤鶏の食べ比べ」(1200円)、「肝刺し三種盛り」(980円)、鉄板料理の「鉄板・ぼんじりキャベツ」(750円)、「鉄板・薩摩親鶏タタキ」(980円)。さらには「砂肝のコンフィ」(580円)、「ハーブ鶏の骨付唐揚」(750円)、「骨付もも肉いぶし焼」(1,350円)など“鳥ばか”の名に恥じない鶏料理づくしでお客を魅了する。アルコールはハイボールで差別化を図り、定番の「角ハイボール」(400円)から「芋ハイボール」(400円)、「麦ハイボール」(400円)、「山崎ハイボール」(750円)まで、実に7種も揃える。店舗は3階建てで、ファサードは古民家を思わせる風情のある造り。店内は1階がカウンター席とテーブル席、2階、3階は囲炉裏風の大テーブル席や個室などタイプの異なる客席で構成し、幅広い利用目的客を取り込む。目標月商は1,300~1,500万円で、銀座に新風を吹き込む鶏料理店として大いに注目される。

店舗データ

店名 鳥ばか一代
住所 東京都中央区銀座3-3-8

 >> GoogleMap見る

アクセス 東京メトロ銀座駅徒歩2分
電話 03-5524-3240
営業時間 昼11:30~14:30、夜平日17:00~4:00、日曜・祝日17:00~23:30
定休日 無休
坪数客数 70坪・88席
客単価 昼1000円、夜5000円
運営会社 株式会社エスカン
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.