飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

新鮮な大山地鶏の炭火焼き店、串焼きダイニングバー「頂てん」が8月20日、新宿御苑前にオープン!


新宿御苑前駅から徒歩3分、商店街の中にあるビルの地下1階に、8月20日、地鶏炭火焼ダイニングバー「頂てん」がオープンした。オーナーの金沢修一氏 は、元々は大手カラオケ店の店長。多い時は1日に1000人以上も接客をしてきた接客のスペシャリストだ。そして、もっと密な接客ができるこじんまりとし た店を持つことが夢で、串焼き屋「りきまる」での修業を経て今回のオープンに踏み切った。 メインメニューは、毎朝仕入れと仕込みを行っているという、新鮮な鳥取県産大山地鶏を使用した炭火焼き。旨味、コク、歯ごたえと3拍子揃った大山地鶏を本 格的な炭火で焼くことで、さらにジューシーな味わいに仕上がっている。もも、砂肝、手羽先などの串焼きは150円~。他にも新鮮だからこそ味わえる「レ バー刺し」(450円)や、絶品の出汁が自慢の「もつ煮込み」(580円)など一品料理も豊富だ。また美味しい料理と一緒にお酒も楽しんでほしいと、アル コールメニューも多数。ビール(580円)は、こだわりのプレミアムモルツのみだが、焼酎(400円~)やサワー(420円~)、カクテル(580円)や 梅酒(580円)など、近隣の会社に勤めるOL客向けのアルコールメニューも多く取り揃えている。 ランチは「地鶏のカツ定食」や「地鶏の煮込みハンバーグ」をはじめとした全4種類。スープとサラダ、浅漬け、デザートが付き、さらにご飯もお代わり無料で全て800円。オープンから約1週間後の取材時には、その日のランチは全て完売しており、早速の人気ぶりが伺えた。 店舗は、飲食店専門居抜き店舗の物件検索サイト「ぶけなび」を活用。上の階はマンションで、同店のある地下階には古くからの飲食店や飲み屋が並ぶ。そし て、もとは和食ハードダーツバーだった店を簡単に手直ししただけという店内は、落ち着いて料理とお酒が楽しめるシックな仕上がり。カウンター8席とテーブ ル席12席の全20席からなり、炭火焼き調理はカウンターの目の前で行われる。 通勤客だけでなく住人も多く、昼も夜もにぎわう新宿御苑前は、競合の飲食店が多く立ち並ぶ場所。その中で「頂てん」は接客と美味しい地鶏で勝負するという。オーナーの金沢氏は「地域の人に愛される店にしたい。そして店名のとおり頂てんを目指したい」と語ってくれた。

店舗データ

店名 地鶏炭火焼 頂てん
住所 東京都新宿区新宿1-31-3 ダイアパレス新宿1丁目地下1階

 >> GoogleMap見る

電話 03-3352-0156
営業時間 11:00~14:00(月~金)、17:00~24:00
定休日 日 ※貸切(15名以上)の場合は営業
客単価 3,300円
関連ページ ぶけなび
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.