飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

方南町に「てげてげ」がオープン。楽コーポレーション出身のオーナーによる独立店。故郷・宮崎のソウルフードで地元住民に愛される居酒屋を目指す


都内では珍しい、宮崎の地鶏「霧島鶏」を提供

料理のメインはなんといっても「鶏もも焼き」(200g1280円)だ。親鶏のもも肉を炭火で焼く際に、炭に直に鶏油(チーユ)をかけることで香りをまとわせるのが特徴で、噛めば噛むほど旨みが広がる。使用するのは宮崎から直送される朝締めの「霧島鶏」。都内では他に扱っている店は少ないという銘柄鶏だ。ハーブや木酢を配合した飼料や地下水を与え、平飼いでのびのびと育てられた霧島鶏はくせや臭みがなく、抜群のおいしさ。同店では「霧島鶏」の親鳥を使用するが、とりわけ生育期間の長い親鳥を使っており、しっかりとした歯ごたえが特徴だ。このほか、「チキン南蛮」(880円)や「鶏わさ」(700円)などの鶏料理に加えて旬の野菜を使った料理も揃い、取材時は「夏野菜のカポナータ」(580円)、「丸ごとピーマンの揚げびたし」(480円)など夏らしいメニューが並んだ。また、「おばあちゃんのレシピで作りました」という「高原フミ子漬け」(400円)も箸休めに人気なのだとか。

ドリンクは定番のビール(650円)やハイボール(500円~)に加え、宮崎で無農薬栽培されたレモンを使った「宮崎レモンサワー」(500円)や、ご当地ドリンクで割った「ヨーグルッペサワー」(480円)、「愛のスコールサワー」(480円)、焼酎に日本酒、国産ワインと一通りが揃う。季節ごとに入れ替わるという日本酒は、日本酒ソムリエのスタッフがそれぞれの酒に合った飲み方を提案するという。

メニュー構成について「方南町にはない店づくりと、この1軒で完結する店を目指した」と高原氏は話す。「あえてメニュー数を抑えたのは、名物の鶏もも焼きを絶対に召し上がっていただきたいという想いからです。これから定番料理を増やすとしたら、宮崎ならではの“辛麺”くらいでしょうか」。

名物の「鶏もも焼き」は訪れるたびに注文する人がほとんど。宮崎料理は駒沢「SAKE LABOたけぶち」で学んだという

鮮度のいい鶏が産地から直接届けられるからこそ提供できる「鶏わさ」

店舗データ

店名 てげてげ
住所 東京都杉並区方南2-23-8 マンション方南町 1F

 >> GoogleMapで見る

アクセス 東京メトロ丸の内線方南町駅から徒歩3分
電話 03-5913-7252
営業時間 17:30~24:00(LO)
定休日 不定休
坪数客数 10.6坪24席
客単価 4000円~5000円
オープン日 2022年3月30日
関連リンク てげてげ(Instagram)
関連リンク てげてげ(Facebook)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.