飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

武蔵小山に「町中華×関西のクラフトビール」が楽しめる「シュチニクリン」がオープン。東京から関西のクラフトビールシーン全体を盛り上げる縁会の挑戦

3月1日に武蔵小山に「シュチニクリン」がオープンした。京家が運営するアイリッシュパブ「Man in the Moon」、プロスパーの「BEER PUB ICHI-YA」を経て独立した30歳の若手経営者、縁会の泉直人氏が手掛ける3店舗目だ。2019年11月、クラフトビレッジ西小山に「スタンドフィエスタ」を、同年12月には同じ西小山に「Beer & CubanSand Fiesta」の両店をオープン。東京にはありそうでなかった“関西のブルワリーに特化したクラフトビールバー”として瞬く間に地域の人気店となった。 今回は初となる「町中華×関西のクラフトビール」としてサイバーパンクの世界観を彷彿とさせる中華酒場をオープン。今回は泉氏に出店の経緯から目指す世界観について話を伺った。


京都のブルワリーで修行を積むも、とある縁で東京への出店を決意

「シュチニクリン」は、東急目黒線・武蔵小山駅から徒歩3分という好立地の路面店を構えている。このシュチニクリンを運営するのが、縁会(東京都品川区、代表:泉直人氏)だ。

縁会は、西小山駅から徒歩1分にある飲食店などが連なる複合施設クラフトビレッジ西小山」内に店舗を構える「スタンドフィエスタ」、そして同じく西小山で「Beer & CubanSand Fiesta」を展開しており、両店ともに関西のブルワリーに特化して揃えるクラフトビールと食事が楽しめるビアバーとなっている。

「僕は学生時代、地元京都から北海道の国立大学に進学し、その際にアルバイトをしていた飲食店で飲食業の面白さに目覚めました。バイトリーダー的なポジションに就き、卒業後もアルバイトをしながら色々なお店で経験を積もうと思っていました。しかしアルバイトでは店舗運営に関わる売上や利益などの経営のお金に関われない。そこで、京都に戻り、京家が運営する京都・烏丸のアイリッシュパブに就職し、店長として約4年近く勤務しました」と飲食業界に携わる経緯を語った。

「アイリッシュパブで勤務していたこともあり、海外のビールを飲み比べたり、自分で気になるビールを飲んだりしていました。ビールに対する興味が膨らんでいくと同時に、当時、ちょうど京都に『スプリングバレー・ブルワリー京都』がオープンするなど京都でクラフトビール文化が盛り上がっていた頃で、クラフトビールの店をやりたいと考えるようになりました」。その後、縁あって京都のクラフトビール醸造所、京都・一乗寺ブリュワリーとタッグを組んで経営しているプロスパーに就職し、同社が運営するタップルーム「BEER PUB ICHI-YA」の立ち上げ、店舗運営、ブリュワリーが出店するイベント担当などを2年経験した。

「京都でクラフトビールの店をはじめようと思ったのですが、京都は空き店舗が少ないのですぐに店舗を借りるのが難しかったんです。そんな時に京家時代に一番お世話になっていた先輩が転職し、東京のクラフトビレッジ西小山の飲食事業部に携わることになりました。その方に誘ってもらい、幼馴染と二人で関西から東京に渡り『スタンドフィエスタ』をオープンする運びとなりました」と関東から東京を拠点とする経緯を語った。

東急東横線・武蔵小山駅から徒歩3分の好立地に店舗を構える。ガラス張りの外観は、開放感があり外からでも中の様子が見やすい設計に。店内は犬との同伴利用も可能となっている。チャイナドレスを着て、ギョウザを運ぶ女性のアイコンが目印

店舗データ

店名 シュチニクリン(酒池肉林)
住所 東京都品川区小山4-2-3 THE CITY 武蔵小山 1F

 >> GoogleMapで見る

アクセス 武蔵小山駅から徒歩2分
電話 03-6426-6246
営業時間 17:00~翌2:00
定休日 月曜
坪数客数 13席+立ち飲み約17名
客単価 3000~4000円
運営会社 株式会社縁会
オープン日 2022年3月1日
関連リンク シュチニクリン(Instagram)
関連リンク スタンドフィエスタ(HP)
関連リンク Beer & CubanSand Fiesta(HP)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.