飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

「ひとりしゃぶしゃぶ 七代目松五郎」が、渋谷宮益坂に新スタイルで2号店を開業。肉や野菜を一品ずつ自由に組み合わせられるアラカルト方式でしゃぶしゃぶのファストフード化を実現!


赤坂店の名物・熟成肉をはじめ新メニューも。20・30代女性をターゲットに

今回のメインターゲットは、20代から30代の女性ひとり客だ。「実は、この年代の女性は自分が好きなものにはちゃんとお金を使いたい、という方が多いんです。あれこれ好きなモノだけ選ぶのが好きなのも、女性ならではですね」と、森氏は語る。

各商品は、サイズをS、M、Lの3種に設定。お客は、商品の種類とサイズを選ぶ形だ。メインとなる肉は、赤坂店でも好評を博していた「熟成黒毛和牛ネック」(S620円、M1380円、L1980円)や「熟成黒毛和牛ロース」(S840円、M1920円、L2680円)、「熟成黒毛和牛上ロース」(S1280円、M2980円、L3980円)のほか、「カルビ(国産牛)」(S380円、M820円、L1200円)、「赤身(オージー・ビーフ)」(S450円、M980円、L1430円)といった牛肉。「多香味豚バラ」(S290円、M680円、L970円)、「多香味豚ロース」(S340円、M720 円、L1060円)、「山西牧場豚バラ」(S390円、M840円、L1230円)、「山西牧場肩ロース」(S360円、M820円、L1180円)といった豚肉。今回から新たに追加した極薄切りの「大山鶏胸肉」(S330円、M690円、L1020円)と、多彩に取り揃えた。また、毎朝市場で仕入れている「野菜盛り合わせ」(S350円、M550円、750円)やコシヒカリの「ご飯」(200円)、「麺」(250円)、「春雨」(250円)などの〆メニューも品書きに並ぶ。お客は好みの品を組み合わせて自分だけの「セット」を自由自在に作れる。「ガッツリ食べたい方は好きなだけ肉を楽しんでもいいし、反対にダイエット中の方など、野菜だけのチョイスでも大歓迎です」と、森氏。

さらに、ドリンクは「キリン一番搾り(小瓶)」(500円)、「ハイネケン(小瓶)」(600円)、「氷結レモン」(400円)、「角ハイボール」(400円)といった酒メニューも。森氏は、「お酒はほとんど出ないと思っていたのですが、意外と飲んでくれる方が多くて驚いています。もしかしたら、自由に選べるストレスのなさで気分が良くなり、手が伸びているのかもしれません」と、推測する。

「熟成黒毛和牛上ロース」は、赤坂店からの名物で、注文が入ってからスライサーにかける

店舗データ

店名 ひとりしゃぶしゃぶ 七代目松五郎 宮益坂上店
住所 東京都渋谷区渋谷2-9-11インテリックス青山通ビル 1F

 >> GoogleMapで見る

アクセス JR・地下鉄渋谷駅より徒歩6分
電話 03-6427-9231
営業時間 11:30~22:00
定休日 無休
坪数客数 22坪 19席 
客単価 1300~1600円
運営会社 株式会社しゃぶしゃぶ松五郎
オープン日 2021年11月15日
関連リンク ひとりしゃぶしゃぶ 七代目松五郎(Twitter)
関連リンク ひとりしゃぶしゃぶ 七代目松五郎(Facebook)
関連ページ ひとりしゃぶしゃぶ 七代目松五郎 赤坂店(記事)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.