飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

「日本一高い居酒屋」の「田中田」が、ニューノーマルを意識した新店舗!税サ込12800円、2時間半オーダーバイキング制の「博多 奈良屋」が西麻布にオープン


すべて一人前ポーション。気遣いや取り分けは不要、タッチパネルで感染対策にも

バイキングのメニューは全90品ほど。黒毛和牛のタンやヒレのステーキ、豊洲のまぐろ卸「やま幸」のまぐろの赤身やトロ、のどぐろの煮付けなど、高級食材を使った品々を筆頭に、つまみや珍味、揚げ物にカレーや丼もの、デザートまで。「田中田」の人気メニューを中心にラインナップ。ポーションがすべて一人前であることがポイントだ。個々人が食べたいものを気兼ねなく注文できるため、会食でありがちな「同席者に気を使って自分の食べたいものが注文できない」がない。また皿からの取り分けが発生せず感染対策になることもアピールポイントになっている。

ドリンクは別途料金。「生ビール」(中ジョッキ1050円、小グラス750円)、「生レモンハイ」「凍頂ウーロンハイ」(各880円)、「角ハイボール」(780円)など居酒屋的ドリンクが揃う。ソフトドリンクも「オロヤク(オロナミンC+ヤクルト)」「昭和のクリームソーダ」(各880円)などユニークなもの含め充実。焼酎はグラス850円~、日本酒は1080円~、ワインはグラス1300円~。店内にはワインセラーもあり、ハーフボトル4800円~、ボトル9400円~。西麻布らしくハイクラスなシャンパンも取りそろえる。

同店ではタッチパネル式オーダーを導入。「スタッフとお客様のコンタクトを極力減らすことで、感染対策として安心していただけています。加えて、個室でプライベートな時間を過ごしたいお客様にも好評です」と吉村氏。

「田中田」で人気のメニューを中心にラインナップ。「ヒレステーキ」は、厳選した国産黒毛和牛を使用。良質な高級素材を、余計な手は加えずその良さを最大限に生かしたシンプルな料理が同グループの身上だ

「ぜいたく丼」も、「田中田」で1999年から提供し続けているお馴染みの品。「やま幸」のまぐろトロ、ウニやイクラといった高級食材をのせた、まさに「贅沢」な丼

「本日のカニ『毛がに』」は食べやすいようむき身に。濃厚なかに味噌とともに盛る

店舗データ

店名 博多 奈良屋
住所 東京都港区西麻布3-17-26 ブリックビル 1F

 >> GoogleMapで見る

アクセス 西麻布交差点から徒歩1分
電話 050-3144-0338
営業時間 17:00~24:00
定休日 日曜
坪数客数 60坪50席
客単価 15000円
運営会社 株式会社タナカダイニング
オープン日 2021年7月12日
関連リンク 奈良屋(HP)
関連リンク 奈良屋(Instagram)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.