飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

大ヒットグルメバーガーブランド「ショーグンバーガー」が秋葉原にFC店をオープン。クラフトビールを軸に展開するEVERBREWが運営、コロナ禍の逆境に立ち向かう!

11月29日、秋葉原に「ショーグンバーガー」がオープンした。富山で創業30年の焼肉店「大将軍」を運営するGANESHAが手がけるグルメバーガー専門店だ。富山や東京で店舗を展開するが、例えば新宿歌舞伎町店では21坪の店内でデリバリー含め最高月商1800万円を叩き出す大ヒットブランドとなっている。今回の秋葉原店はEVERBREWの子会社EVERCREEDが運営するFC店舗で、クラフトビールを軸に飲食店を展開する同社のエッセンスを加えながら、コロナ禍の逆境に立ち向かう。

秋葉原UDXの2階にオープン。隣接のフードコートでも飲食が可能だ
富山の「ショーグンバーガー」1号店を参考にしつつ、菅原氏と馴染みのあるデザイナーがデザインした
人気の「チーズバーガー」。冷凍せずに仕込む粗挽きの和牛を使った食べ応えのあるパテが自慢だ
写真左からGANESHA代表の本田大輝氏、EVERBREW代表の菅原亮平氏。オープンの11月29日(イイニクの日)は菅原氏の41歳の誕生日だったという

GANESHA本田氏と意気投合、コロナ禍で再起をかける一手として出店を決意

「ショーグンバーガー」は、2017年4月、富山にオープンした1号店を皮切りに、都内では新宿歌舞伎町、町田、広尾、加えて長崎に展開。富山県の焼肉店「大将軍」の二代目、GANESHA(富山県富山市)代表取締役の本田大輝氏による、「焼肉屋が本気で作る和牛100%バーガー」が評判を呼んでいる。

同ブランドのFC店舗である秋葉原店がオープンしたのは、秋葉原駅前のビル、秋葉原UDX2階の飲食ゾーン。以前はインバウンドで賑わう秋葉原だったが、現在は新型コロナの影響で人もまばら、そんな中でオープンとなった。運営会社のEVERCREEDおよびその母体であるEVERBREW(東京都港区)代表取締役、菅原亮平氏はこう話す。「もともと、去年この物件を含めたフードコートを買収で引き継いだのですがコロナの影響が出始め、それどころではなくなってしまいました。コロナ禍で大きな打撃を受けた中で再起をかける策を打ち出したいと考えていました」。そんな中、知人の紹介で出会ったのが、GANESHAの本田氏だ。

「本田さんは33歳で僕よりも8歳年下ですが、すっかり意気投合しました。本田さんの『商品の付加価値を追求する店づくり』の姿勢にも共感し、ぜひやりたいとお願いしました。物件はもともとハンバーグ店で鉄板設備があり、ハンバーガーに使用できる。いずれインバウンドが戻ってきたときのことを見据えて外国人受けする業態が良いと思っていたので、『和牛100%のハンバーガー』はその点でもぴったりでした」。一方の本田氏も「菅原さんの印象は一言でいうとビールの変態(笑)。とにかくビールへの情熱と知識が半端ない。これまでもFCのお話はありましたが、熱い思いを持った人としかやらないと決めています。今の秋葉原では厳しいのでは?という話もしましたが、菅原さんの勢いに根負けし、『彼となら』と出店を決めました」。

秋葉原店では自社直輸入のクラフトビールを2タップ用意。将来は自社ブルワリーのビールも提供予定

メニューは他店舗とほぼ同様、人気の「チーズバーガー」(1200円)をはじめ、「アボカドチーズバーガー」(1350円)、「てりやきフォアグラバーガー」(1700円)、「ステーキバーガー」(1200円)などのバリエーションのハンバーガーが揃う。プラントベースドミートを使ったヴィーガン対応の「ベジタリアンバーガー」(900円)、バンズ不使用でパテをレタスで包んだ「野菜で包んだバーガー(和牛パテ)」(1000円)なども用意する。今後は秋葉原店限定バーガーも開発していく予定だ。

ビールを専門とするEVERBREWグループの業態ということで、2タップの自社直輸入クラフトビールを用意しているのが秋葉原店だけの特徴だ。取材時は、白ビールの代表格「ヒューガルデン」の創業家セリス家がアメリカの醸造所で作る「セリスシトラスIPA」(1パイント900円、1/2パイント600円)と、ベルギーにて醸造される、EVERBREWのベルギー子会社ブランドの「初陣」(1パイント900円、1/2パイント600円)がオンタップ。その時々でハンバーガーに合う銘柄をチョイスしていく。「ハンバーガーは昼のイメージが強い。魅力あるビールを打ち出すことで、夜も強い業態にしていけたら」と菅原氏。その他、レモンサワーやハイボールなど各種500円、コーヒーやジュースなどソフトドリンクを各種300円で用意する。

千葉・柏の葉に醸造所新設など新たなチャレンジを仕掛ける

「コロナの影響で客足を心配していたものの、『ショーグンバーガー』のブランド力もありオープン時から順調な滑り出しです。特に生ビールが好評で、ビールに引き上げられて他店舗よりも客単価は高くなるのでは」と菅原氏。「世の中が不安定なので、まずは状況を見ながら試行錯誤で店をよくしていきたい」とも話す。「スマホアプリ系のゲームとのコラボイベントなど、秋葉原らしさのあるイベントも開催できたら」と本田氏。

コロナ禍で打撃を受けたのはEVERBREWも例外ではないが、来年1月にはEVERBREWの醸造所「リオ・ブルーイング・コー」が千葉・柏の葉にオープンする。逆境にも負けず、「ショーグンバーガー」のオープンをはじめ、次々と新たなチャレンジを仕掛ける同社に期待だ。

(取材=大関 まなみ)

店舗データ

店名 ショーグンバーガー 秋葉原店
住所 東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDXビル 2F

 >> GoogleMapで見る

アクセス 秋葉原駅電気街口から徒歩3分
電話 03-3526-2950
営業時間 11:00~22:00
定休日 無休
坪数客数 16.4坪24席
客単価 1800円
運営会社 EVER CREED株式会社(EVER BREW100%子会社)
オープン日 2020年11月29日
関連リンク ショーグンバーガー新宿歌舞伎町店(記事)
関連リンク EVERBREW(HP)
関連リンク ショーグンバーガー(HP)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.