飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

「WALNUTS」「まんぷく」のテイクファイブがオイスターバー「PESCADERIA(ペスカデリア)」2号店を2月6日、銀座7丁目にオープン!

(取材=編集部)


焼肉「まんぷく」「十々」、ビストロ「WALNUTS」、ビストロ&イタリアン「RED PEPPER」、韓国屋台「胡同(フートン)」などを展開するテイクファイブ(目黒区自由が丘、代表取締役・遠山和輝氏、TEL 03-5731-8901)は、オイスター&地中海料理「PESCADERIA(ペスカデリア)」銀座店を2月6日オープンする。赤坂店に続く2号店で、スペイン語で“魚屋”を意味する店名が示す通り、日本各地やアメリカ、オーストラリアから厳選を重ねたオイスターと新鮮な魚介類をふんだんに使った地中海料理を提供する。 海をイメージした青いファサードは、ヨーロッパの港を思わせる雰囲気。現地の食堂と同じく、入口脇にあるショーケースからは毎日新鮮な魚介類が顔を覗かせる。こだわりのオイスターは、安全性を重視し、日本各地はもとより、アメリカ、オーストラリアから厳選したもの。日本では広島産のカキ小町、沖ノ島ヌーボー、長崎産の九十九島を中心に提供するほか、アメリカ、オーストラリアの小ぶりで凝縮感のあるオイスターも味わえる。さらに、自家製トマトソースや魚介のダシであるフュメ・ド・ポワソンを用いた地中海料理を取り揃えた。 主なメニューは「カキ小町」(1P/450円)「オイスターベイ」(1P/450円)「ブルーポイント」(1P/500円)「ツブ貝のガーリックバター焼き」(1,000円)「オイスターロックフェラー」(1,200円)「ムール貝とアサリのアラビアータ」(1,000円)「ヤリイカのピラフ詰め アメリケーヌソース」(1,200円)「ペスカデリア特製 イカ墨のパエリア」(S/1,800円、M/3,000円)など。 ドリンクは、オイスターに欠かせないワインやビールが中心。ワインはオイスターにマッチするフランス、イタリア、スペインをメインに赤、白合わせて50種類以上。日本で初めてヨーロッパに輸出を認められた山梨の甲州ワインも置く。また、ビールは「ギネス樽生ドラフト」のほか、オイスターと「ギネスビール」とのマリアージュも提案する。ヨーロッパでは、ムール貝の白ワイン蒸しとギネスビールを一緒に楽しむが、同じく生ガキとの相性も最高。ビールは女性向けにミニサイズも用意している。

店舗データ

店名 PESCADERIA 銀座店
住所 東京都中央区銀座7-7-11 第一菅原ビルB1

 >> GoogleMap見る

電話 03-5537-3599
営業時間 17:00~24:00(L.O.23:00)
定休日 日曜日
坪数客数 38席
運営会社 株式会社テイクファイブ
関連リンク テイクファイブ
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.