飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

APカンパニー、自社養鶏場のある宮崎県日南市で恩返し。日南素材地産地消「日南館 本館」を 10月20日オープン!


宮崎地鶏「地頭鶏(じとっこ)」をメインに打ち出し、“宮崎ブーム”の追い風を受けて急成長している株式会社APカンパニー(港区芝浦、代表取締役・米山久氏)は10月20日、同社が子会社の農業法人・有限会社APファームを設立し、「地頭鶏」の自社養鶏場・加工センターを運営している宮崎県日南市に“日南素材地産地消”をコンセプトとした「日南館 本館」をオープンした。米山社長は「APファーム設立から2年半、地元の日南市に恩返ししたかった」と“逆上陸出店”の動機を語った。19日に開催されたレセプションには谷口義幸日南市長も駆けつけた。
「日南館 本館」は日南市油津駅前商店街にあり、築40年の古民家を改装した。野趣あふれる庭に面した落ち着いた我が家のような空間で、日南ならでは素材に東京流のアレンジを加え、地元客にとっては珍しいメニューの数々を提供する。例えば、宮崎産三元豚や目井津湊の地魚を使用した「せいろ蒸し」は、現地ではまだ知られていない料理だ。地頭鶏料理も定番に加え、「むね焼黒胡椒ガーリックバター」や「レバーパテ」「砂肝エスカルゴ」などの独自料理を出し、「宮崎の素材の素晴らしさを地元の方に再発見してもらう」(米山氏)のが狙い。ドリンクでは、サントリーのウイスキー「山崎」を使った「プレミアムハイボール」を提供、地元客にサプライズを提供する。
APカンパニーは、宮崎地鶏「地頭鶏」の専門店「じとっこ」各店をはじめ、“宮崎県日南市塚田農場直営”を冠した「塚田農場」1号店をを2007年7月八王子にオープン、その後立川、国立と続き、7月には都内初となる田町店を開店。11月には5店舗となる錦糸町店をオープンする。一方、ホルモン焼き業態、魚業態も展開、今後地頭鶏で培った手法を漁港との提携によって実現したい考え。

(取材=編集部)

店舗データ

店名 日南館 本館
住所 宮崎県日南市岩崎2−10−8

 >> GoogleMap見る

電話 0987−22−2616
坪数客数 45席
運営会社 株式会社APカンパニー
関連リンク APカンパニー
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.