飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

リゾート施設運営会社の東急リゾートサービスが東京で初めて運営するレストラン「日本橋 織音(おりね)」、10月7日にオープン!


日本橋駅から徒歩2分、東京駅から徒歩5分の場所に、日本料理店「日本橋 織音(おりね)」が10月7日、オープンした。 この店舗は東急不動産が事業主、リゾート施設運営会社の東急リゾートサービス(渋谷区道玄坂、取締役社長・浅倉泰氏、TEL・03-5458-0826)が運営をしている店で、箱根、軽井沢、那須など全国23ヶ所に広がる会員制リゾートクラブ「東急ハーヴェストクラブ」の運営ノウハウを使い、東京で初めて開業したレストラン。 食の安全が声高に叫ばれる昨今、「日本橋 織音」は確かな産地と、その土地ならでは特選素材を取り寄せ、お客様へのいたわりを込めてからだに優しい和食(会席料理・割烹)に仕立てて提供する。全国に展開する東急ハーヴェストクラブの地の利を活かし、季節の特選素材を取り寄せるなど、こだわりの食材を使用。会席は月替わり、割烹は炙り、炊き、蒸しなどお好みの調理法で提供する。10月のお勧めメニューは、ランチだと「織音膳」(3,990円)、ディナーは開業記念特別会席(12,600円)。どちらも、野菜たっぷりの体に優しいコースメニューだ。また予約のときにオーダーすれば、客の体調に合わせて調理法や量にも臨機応変に対応する。 また、20年培ってきたリゾート施設運営力をもとに、お客様には安らぎと寛ぎを感じてもらえるような、温かみある接客で対応。自宅にいるような安心感を感じてもらえるサービスを常に心がけているとのこと。スタッフは客との会話を大切にし、客の苦手なものを把握するなどきめ細やかな配慮を欠かさない。 店内には和食の店には珍しく、バー&ラウンジを併設。カクテルはもちろん、大人のためのウィスキーやバーボンを各種取り揃えている。専用のワインサーバーを使い、ボトルでしか頼めないような高級ワインをグラスで楽しむこともできる(「オーパスワン」、「ルーチェ」など)。待ち合わせや食事後にゆったりとお酒を楽しむ空間として使いたい。 ターゲットは、昼は買い物帰りの女性、夜はビジネスユースの会食や接待利用の40~60代のオフィスワーカーが中心。その他、お祝い事にも使え、用途は幅広い。実りの秋、都会の一角に、新しい美味リゾートが生まれた。

(取材=編集部)

店舗データ

店名 日本橋 織音(おりね)
住所 東京都中央区日本橋3-6-2 日本橋フロントB1
電話 03-3516-1097
営業時間 ランチ  11:30~14:30(L.O.)
ディナー 17:00~21:30(L.O.)
バー   17:00~23:00
定休日 日曜日
坪数客数 104坪 レストラン80席/バーラウンジ16席
客単価 ランチ 3,300円/ディナー 11,000円 サービス料;10%
運営会社 東急リゾートサービス
関連リンク 織音
関連リンク 東急リゾートサービス
関連リンク 東急ハーヴェストクラブ
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.