飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

ヱビスビールが主役のビヤバー「YEBISU BAR(ヱビスバー)」が、12月9日、銀座コリドー街にオープン!

店内中央の円形カウンタ

株式会社サッポロライオン(本社・東京都中央区日本橋、代表取締役社長・山崎範夫氏)は、12月9日、銀座コリドー街に、和モダンビヤバー「YEBISU BAR(ヱビスバー)」の1号店をオープンした。 ヱビスビールは2010年2月に生誕120周年を迎える。日本初のビヤホール「恵比壽ビヤホール」の店名の由来にもなるという長い歴史を持つビールであることから、「YEBISU BARヱビスバー)」では、ヱビスビールを通じて、西洋化された現代のライフスタイルの中でも「日本の味と心」を感じてもらう「和モダンビヤバー」を目指している。 店内は、ブランドカラーのエンジ色を基調とし、洋風のスタイリッシュなデザインの中に日本古来のデザインである「アジロ編み」といった和の要素を取り入れることで、「洋の中の和」を表現。空間の要は、店内中央に設けたビールサーバーが並ぶ円形の大型カウンター。間接照明で光を集めたここを「ヱビス・サーブ劇場」と位置づけ、ゑびす様の姿を彫った柱を囲んでお客が宴を楽しむというイメージだ。 メニューは、「ヱビスビール」、「ヱビス<ザ・ブラック>」など工場直送の樽生ヱビスビールの全ラインナップを揃え、それぞれの味わいに合わせたフードを提案。メニューブックにもビールとの相性を明記しており、飲んでいるビールに合わせて食事を楽しめるようにしているのが特徴だ。さらに、ヱビス<ザ・ブラック>を加えて煮込むカレーソースを添えた「ヱビス・ザ・ガーリックトースト」(650円)、琥珀エビスに漬け込み柔らかくした北海道チキンをパリパリに焼き上げた「琥珀ヱビスのチキングリル」(1,000円)など、ビールを使った料理をそろえているのも同店ならでは。ヱビスビールを使った「レッドアイ」(580円)といったヱビスビヤカクテルも4種揃えている。 同社では今後も同業態の展開を視野に入れ、2号店を来年1月中旬、霞が関コモンゲートにオープン予定。今後は首都圏を中心に、10店舗以上の展開を目標としている。  

店舗データ

店名 YEBISU BAR(ヱビスバー) 銀座コリドー街店
住所 東京都中央区銀座8-2先 銀座コリドー街

 >> GoogleMap見る

アクセス 東京メトロ銀座駅より徒歩5分、JR新橋駅・銀座口より徒歩3分
電話 03-3573-6501
営業時間 月~土 11:30~14:00、17:00~23:30(日・祝は22:30まで)
定休日 無休
坪数客数 約54坪・86席
客単価 昼950円、夜3,000円
運営会社 株式会社サッポロライオン
関連リンク 株式会社サッポロライオン
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.