飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

有限会社イイコが野菜料理と鴨料理の店「KUSA・KUSA」を11月21日、祐天寺にリニューアルオープン!


二等立地をメインに“看板なし”&“電話なし”の隠れ家風店舗を展開してきたイイコが、祐天寺駅から徒歩6分の住宅街にある鴨料理専門店「鴨丸」を11月21日にリニューアルオープンした。

新店舗名は「KUSA・KUSA」。“草”つまり葉物野菜にスポットを当てた新タイプの店で、「草しゃぶしゃぶ」1人前1,200円を看板メニューのひとつに掲げている。写真右にもあるように、クレソン・小松菜・レタス・空心菜などの約7種類の葉物野菜をこんもりと盛って提供し、ブロッコリーなどの季節の緑野菜ペーストを加えた和風だしでしゃぶしゃぶしてもらう。最後に小松菜などの緑野菜のペーストに味噌・醤油などの調味料を加えたタレにつけて食べる。スープやタレまで緑色で、見た目にも“草”を訴求した。ちなみに肉類は一切使用していない。

同社代表取締役の横山貴子氏(写真右)は「野菜というより“草”というイメージを打ち出したかった」と説明する。「当社ではもともと“健康と美容”にこだわってきましたが、祐天寺の店は駅から徒歩6分の住宅街のど真ん中という立地。わざわざお客様が来店したくなるような強い個性が必要だったのです」と続ける。

リニューアル以前の「鴨丸」時代から人気の鴨料理も健在で、「本鴨しゃぶしゃぶ」1人前3,300円もラインナップ(写真右)。メニューは全部で約30種類を揃え、中心価格帯は700円~1,000円。「季節野菜のバーニャカウダ」1,200円、「草豚鍋」1人前1,600円、「草巻き寿司」700円、「蓮根と海老真如のはさみ揚げ」800円などを揃える。平均客単価は6,000円を見込む。

店舗は以前倉庫だったという木造2階建ての一軒家。昭和遺産の様相を呈している歴史漂う外観はそのまま生かし、一方で内装は、現代的なスタイリッシュ空間に仕上げている。外観と店内の雰囲気のギャップも楽しめる。25坪38席という規模だが、天井が高いので開放感が感じられる。今後同店では、近隣住民を中心に集客していく意向だ。

店舗データ

店名 「KUSA・KUSA」
住所 東京都目黒区五本木1−6−3

 >> GoogleMap見る

アクセス 東急東横線祐天寺駅から徒歩8分
電話 03-3710-9804
営業時間 平日18:00〜24:30(LO23:00)、土・日・祝日17:00〜24:30(LO23:00)
定休日 月曜(祝日の場合、翌火曜は休み)
坪数客数 25坪38席
客単価 6,000円
関連リンク 有限会社イイコ
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.