飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

スペシャル企画

煩雑なシフト管理を「CAST」で自動化!まずは無料2カ月間トライアルから

hachidori(東京都千代田区、代表取締役:伴 貴史氏)が提供するシフト管理ツール「CAST」は、シフト作成・調整を自動化するツールだ。従来のシフト管理は、紙のシフト表に記入したり、個人のLINE上でやり取りしたりと、店長・アルバイトにとって非常な煩雑な作業。そんなシフト管理を自動化し、スマホのアプリ上で空き時間にもサクサク使えるのが魅力。店長の業務負担も大幅に削減できる。代表の伴氏にそのサービス内容や開発秘話を聞いた。


hachidori株式会社
https://hachidoriinc.com/

シフト管理ツール「CAST」
https://cast-baito.com/


(hachidori代表取締役 伴 貴史氏)

―「CAST」のサービス内容を教えてください。

アルバイトのシフト提出から店長のシフト調整、シフト表の作成までの一連の業務を自動化するツールです。「●日までにシフトを提出してください」と呼びかけ、未提出の人には催促。提出されたシフト希望を組んで、足りないところは各々に連絡を取って調整して……と、面倒で煩雑な作業に悩まされていた現場の店長も多いのではないでしょうか。一方のアルバイトも、個人のLINEに店長からシフトの連絡が来るのは、あまり嬉しくないですよね。そういった声をもとにCASTを開発しました。

時期が来たら、店長に変わって「CAST」のチャット機能でシフト提出を一斉に呼びかけ。アルバイトから集まった希望シフトを自動で収集し、シフト表に自動反映されるので、面倒でミスが起こりやすい転記作業も必要ありません。また、アルバイトが「急にシフトに入れなくなった!」というときも、「CAST」を使って調整することが可能。コミュニケーション(バイト専用チャット)はすべて「CAST」上で行い、私的なLINEでのやり取りがなくなるのでアルバイトにとってもストレスが軽減されます。

※「CAST」の機能について、詳しくはこちら

スマホで見やすくアルバイトにも使いやすい。“使った分だけ”の価格設定も魅力

―近年、シフト管理ツールが登場していますが、「CAST」ならではの強みは?

「CAST」の一貫したテーマが、“徹底的に現場主義であること”。現場で働く店長とアルバイトが使いやすいことに主眼を置いています。そのため、PCでも見ることはできますが、若いアルバイトが親しみやすいよう、スマホで見たときの使いやすさを重視しています。専用アプリをダウンロードし空き時間や移動中でもサクサクとシフト管理ができるようになっています。

―導入にあたり気になる価格設定はどのようになっていますか?

価格は「シフト1時間あたり4円」という設定にしています。

詳細

お店は、実際にアルバイトが働いた時間分だけ料金を支払うという、できるだけ実情に沿った価格設定です。というのも、現場では在籍はされているものの出勤頻度の低い「幽霊バイト」や、入社の手続きをしたのに当日に来ないアルバイトも中にはいるかもしれない。例えば、アルバイト1名あたり●円、という設定にしてしまうと、そうした人員に対して費用を付けることになってしまう。使った分だけ支払う、納得度の高い料金体系であることを大切にしています。

アルバイト400人にヒアリングして完成した“現場主義”のシフト管理ツール

―開発の経緯は?

もともと当社はチャットボット「hachidori」の開発からスタートしました。「hachidori」を導入していた印刷工場がシフト管理に困っていたので、「CAST」の前身となるシフト管理ツールを開発したのがきっかけです。同時に、私が当時よく通っていた居酒屋の店主に印刷工場のシフト管理ツールのことを話したら、「それは飲食でも必要とされるのでは?」と言われたんです。それからサービスのブラッシュアップを繰り返し、2018年6月に「CAST」をリリース。開発にあたっては、飲食店でアルバイトをする400人にヒアリングを行い、シフト管理に関する問題点をあぶりだしました。そうして「現場主義、アルバイトや店長の使いやすさ」を重視したサービスとなったんです。

人材難の今、「CAST」はアルバイト採用の在り方も変える!?

―今後どのようなサービスを展開していきますか?

シフト管理のみならず、飲食店の現場業務を効率化するサービスを予定しています。例えば、「CAST」でアルバイトの採用業務もできるよう企画・開発を進めているところです。

現在のアルバイト市場は不均衡な状態だと私は考えています。アルバイト募集の多くは、時給が一律。例えば経験豊富で能力のある人も、初めて飲食店のアルバイトをするという人も同じ時給でスタートとしている店も珍しくありません。そういったアンバランスを解消すべく、“人”の履歴機能を考えています。その人がこれまでにどんな経験をしてきて、どんな能力があるのか?をわかる仕組みを作り、正当に評価された時給で働けるようにしたい。

さらに、現在は人手不足が進んでどんどん時給が吊り上がっています。ですが、その高時給は“能力があるから高い”のではなく、“人が足りないから高い”というネガティブな理由で、不健全な状態にあると考えています。

こうした状況を変えるべく、現在はサービスを鋭意開発中。事前に「CAST」でシフト管理を導入している店舗には、無料の先行サービスなども考えているので、ぜひ導入をご検討ください。まずは無料のトライアル期間を設けていますので、操作に慣れてもらい、使い心地を知った上で導入していただければ嬉しいです。

■導入を検討の方
まずは最大2カ月間の無料トライアルから!問い合わせは以下まで。

お問い合わせはこちら

hachidori代表取締役:伴 貴史氏
1991年生まれ。投資銀行勤務を経て、2015年5月、チャットボット「hachidori」を企画・開発する同社を創業。現在は「hachidori」とシフト管理ツール「CAST」の2本柱で事業を展開。今後も飲食の現場業務を効率化するサービスのリリースを予定している。

スペシャル企画一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.