飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

タイに15年を捧げた男が独立開業!幡ヶ谷に「タイ料理 ミャオミャオ」がオープン。「サイアム・タラート」「コンロウ」で修業、ベーシックからアレンジまでの多彩なタイ料理を繰り出す


「タイ料理ならミャオミャオ」と呼ばれる店を目指して

宮尾氏が目指しているのは「地元の人にも、タイ人にも楽しんでもらえるお店」。今後は、タイ料理を基軸に、店舗展開も視野に入れているという。
「これまでの日本のタイ料理店というと、屋台風だったり、“現地の雰囲気をそのまま持ってきました”というお店が多いと思いますが、タイにももちろん、感度の高い店や高級レストランも存在します。ここではそういった要素も取り入れつつ、カジュアルな雰囲気の中で、ここでしか味わえないタイ料理を提供することができたらいいなと思っています。まずは地域に根ざして、皆さんに愛されるような店にしたいですね」。

タイの伝統布「パーカオマー」や、タイ製の照明などが飾られた店内。カフェやビストロを思わせる、明るい雰囲気

左から宮尾祐平氏、ともに店を切り盛りするスタッフの田所祐亮氏。店名は宮尾氏の姓とタイ語で猫の鳴き声を表す「ミャオ」から付けた

(取材=河西みのり)

店舗データ

店名 タイ料理 ミャオミャオ
住所 東京都渋谷区幡ヶ谷2-1-4 ザシティ渋谷幡ヶ谷2F

 >> GoogleMapで見る

アクセス 京王線幡ヶ谷駅から徒歩5分
電話 03-6383-3222
営業時間 11:30~15:00(L.O.14:30)、17:30~24:00(L.O.フード23:00、ドリンク23:30)
定休日 水曜
坪数客数 15坪29席
客単価 4000円
オープン日 2022年1月11日
関連リンク タイ料理 ミャオミャオ(Instagram)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.