飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

予約必須の人気店「和酒酔処 わく」の宮崎拓氏による「和酒酔処 わく別誂 寄り路処 ふう」が「ニシイケバレイ」内に開業。割烹とチョイ呑み酒場の2スタイル


1ショップ2コンセプトの形で宮崎ワールドの魅力を存分に堪能させる

「和酒酔処 わく別誂 寄り路処 ふう」は1ショップ2コンセプトの形で宮崎ワールドの魅力を存分に堪能させる。入口から奥へと伸びる長方形をした一つの空間を半分に分けている。入口サイドがちょい呑みを楽しむ「寄り路処 ふう」。天板が素朴な木製のローテーブルが酒場らしさを際立てる。窓際には立ち飲みができるカウンターもある。その先を進むと板場を前に宮崎ワールドを楽しませる重厚感のあるカウンター席が「わく別誂」だ。

「わく別誂」では「お任せコース」(8〜10種類8000円、外税)のみ。旬の素材を活かした宮崎氏流の和食が楽しめる。宮崎氏は料理に併せたペアリングを勧める。日本酒のみが4000円(1杯30〜50cc)。日本酒+ワインが5000円だ。日本酒、ワイン(ワイングラスで共に90cc)は単体でも提供する。「ここではゆっくりと時間を持って料理を味わって欲しい。そして料理と楽しむ日本酒の奥深さや美味しさを堪能して欲しいのです」と宮崎氏は話す。一方で「寄り路処 ふう」は気軽でいて本物を味わえる大人の立ち寄り酒場にしている。よって料理と日本酒は「わく 別誂」と同じ食材や銘柄を使用する。リーズナブルに提供するために調理の仕方をはじめポーションなどを工夫している。「大桃富腐生湯葉刺」(770円)。「フルーツトマト出汁冷やし煮」(660円)。「長野東卸市佐々木さんのラムいろいろ部位のジンギスカン」(1200円)などがメニューに並ぶ。もっと気軽に日本酒を知る場所にしたいという思いから日本酒は60ml(330円〜550円)。「色々なタイプや特徴の日本酒を飲んで味わって欲しい」と話す。

「わく別誂」のコース中から。旬の素材を使い見た目も綺麗な宮崎氏自慢の人気の八寸

「寄り路処 ふう」のお通し(660円)。「別誂」と同じ料理も入る

店舗データ

店名 和酒酔処 わく別誂、寄り路処 ふう
住所 東京都豊島区西池袋5-13-18

 >> GoogleMapで見る

アクセス 池袋駅から徒歩5分、要町駅から徒歩5分
電話 03-6914-0395
営業時間 ランチ11:30〜14:00 、ディナー17:00〜23:00
定休日 月曜
坪数客数 23坪、わく別誂:カウンター10席/ 寄り路処 ふう:テーブル16席+カウンター6席
客単価 わく別誂12000円/ 寄り路処 ふう4500円
オープン日 2021年5月21日
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.