飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

SNSで話題!表はコーヒースタンド、謎を解いて裏へ通されるバー「JANAI COFFEE」が恵比寿に開業。広告やデザインの本業と掛け持ちする3人が共同経営で目指すのは『コロナ禍だからこそリアルにつながれる場』

8月13日、恵比寿に「JANAI COFFEE(ジャナイコーヒー)」と言う名のコーヒースタンドがオープンした…。というのは表向きの顔。実は、公式サイトに隠された秘密を解いた人しか入れない“シークレットバー”だ。広告やデザイン業で活躍する20代後半~30歳の若き3人組が共同経営で立ち上げた。コーヒーをベースにしたカクテルやラベルで選べるクラフトビールなど、普段バーに行かない人たちでも楽しめるような工夫を随所に凝らす。オープン直後、SNSで一躍話題に。


友人3人での共同経営。三者の持ち味を活かして多角的な体制に

アメリカで禁酒法が施行された1920~30年代に“お酒を密かに楽しむ場”として広まった「スピークイージー」という文化。別業態の店を装い、秘密の暗号を知る人しか入れない隠れ家のようなバーが大流行した。その禁酒法時代を思わせるような、遊び心たっぷりのシークレットバー「JANAI COFFEE」が恵比寿に開業。代表でディレクターの明円卓氏を中心に、「猿田彦珈琲」などさまざまな業態・業種で経験を積んだバリスタの吉田純貴氏、広報や運営管理を担当する大槻将之氏の3人で共同経営している。

同店はもともと経営メンバーの友人が経営しており、コロナ禍などを機に譲り受けた形だ。「とはいえ、経営メンバーは全員、お店の初期段階からコンセプト作りやコーヒー豆作り、広報などの手伝いをしていました。『スピークイージー』も明円のアイデアで、リニューアルオープンの際、内装やメニューを一新することにしたんです」と店長をつとめる吉田氏は言う。

「表向きはコーヒースタンドだから、コーヒーのおいしさが一番の生命線。新たに開業を決めた明円はそう考え、バリスタとして働いてきた僕に声を掛けてくれました。バリスタ業務のほか、僕はデザイン会社も運営しているのですが、『JANAI COFFEE』に注力するため本業をセーブして取り組んでいます。PRのプロでもある大槻も「広報のスペシャリストとして手伝ってほしい」と依頼され、三者異なる観点から関わっていく体制になりました」。

恵比寿駅から徒歩約2分、店は駒沢通りを1本入った路地にあるビルの地下だ

まず現れるのはコーヒースタンド。公式サイトにある秘密を解き、その画面をスマホで提示しないとバーには入れない。「入り方が分からずコーヒーだけ買う方、コーヒーを目的に来る方もいらっしゃいます」と吉田氏。バーの帰りにはテイクアウトコーヒーをサービスで渡す徹底ぶり

店舗データ

店名 JANAI COFFEE(ジャナイ コーヒー)
住所 東京都渋谷区恵比寿南2-3-13山燃ビルB1

 >> GoogleMapで見る

アクセス 恵比寿駅から徒歩2分
電話 MAIL:info@janaicoffee.tokyo
営業時間 18:00~24:00(LO23:30)
定休日 年末年始(現在はWebフォームより予約制)
坪数客数 22.6坪・29席(内カウンター13席)
客単価 2000円
運営会社 株式会社JANAI
オープン日 2020年8月13日
関連リンク JANAI COFFEE(HP)
関連リンク JANAI COFFEE (Instagram)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.