飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

27歳てっぺん卒業生がUターンで独立2店舗目。山梨・甲府のローカル繁盛店「酒場らっぱ」に注目!

6月18日、山梨の甲府駅から徒歩5分、大通り沿いに「酒場らっぱ」が開業した。てっぺん卒業生、塩澤大輔氏の2店舗目だ。地元である甲府市内にUターンで魚居酒屋「魚屋ちから」を独立開業。今では地元の大繁盛店となり、それに次ぐ2店舗目だ。「酒場らっぱ」では、刺盛、煮込み、野菜焼きなど幅広い品揃えで、ふらりと立ち寄るお客から会社の宴会、軽い接待まで多様なニーズを吸収し、早くも人気店となりつつある。

甲府駅から徒歩4分、山梨・甲府のメイン通り沿いに立地。あえて看板は小さくし、期待感を高める
奥に長く伸びる店内。酒場のライブ感が味わえるカウンターに、一段高く設えた2名ボックス席も並ぶ
店内奥はゆったりとしたテーブル席で多人数の宴会に最適。和紙のような加工が施されたブルーの壁が印象的だ
名物のひとつ、しっかりと味の染みた大根に自家製さつまあげを添える「さつまだいこん」。大根は厚切りで見た目のインパクトを出しつつも、食べやすいよう切り込みを入れている
煮えたぎる状態で提供される「グツグツアツアツ肉豆腐」も人気メニューのひとつ
写真右からオーナーの塩澤大輔、創業メンバーの深澤ゆうや氏、「魚屋ちから」店長の坂井ゆうた氏

てっぺんでから山梨にUターンで独立。当初は苦戦した1店舗目は今や坪月商50万円

オーナーの塩澤大輔氏は現在27歳。高校卒業後にてっぺんに入社。国内外に居酒屋を展開し、“独立道場”、“朝礼”などで知られるてっぺん(東京都渋谷区)だが、塩澤氏が入社したきっかけは、高校の授業の中で同社のドキュメンタリービデオを観たことだという。いつか地元の山梨で店を開くことを目標に、「てっぺん 男道場」、三重・桑名の「魚のてっぺん」、「てっぺん 自由が丘店」で4年ほど研鑽を積み、2018年4月、甲府に「魚屋ちから」を開業。“海ナシ県の山梨で、とことん魚を味わう”をコンセプトに、コストパフォーマンス抜群の刺盛や1杯290円のハイボールをウリにした居酒屋だ。

ところが開業当初、売上は鳴かず飛ばずだったという。「諸先輩からの教えで、“広告にお金をかけない”をモットーにひっそりとスタートしましたが、そのせいかオープン当初はお客様が全然来ませんでした。土曜日の来店が5人だったときは、悔しくて泣きながら帰りましたね……」と塩澤氏は振り返る。苦しい時期はしばらく続いたが、地道に営業を続けた結果、やがて売上は上向き、今では坪月商50万円、地元で知られた繁盛居酒屋になっている。

2店舗目は総合酒場、多様な利用シーンに対応する使い勝手の良い店を目指して

「魚屋ちから」の好調につき、2店舗目の出店を計画。「魚屋ちから」が駅から徒歩9分とやや距離があるため、2店舗目は駅近で物件を探した。甲府駅から徒歩4分の大通り沿い、元は宅配便の配送所だった場所に決めた。

「『魚屋ちから』は魚料理専門ですが、『酒場らっぱ』では、肉料理や煮込み、野菜焼きなど、魚以外に『こんなものがあったらいいな』というメニューをプラスし、総合的な品揃えとしました」と塩澤氏。名物は「坂井のつくね」(1本280円)、「さつまだいこん」「グツグツアツアツ肉豆腐」(各880円)。「お刺身4点盛り」(1人前550円)はじめ、「魚屋ちから」で圧倒的コスパで人気の日替わり鮮魚を使った刺盛も置く。「淡路産たまねぎ」(500円)、「山梨県産どんこしいたけ」(290円)などの野菜焼き、サラダや酒肴、「チキーン南蛮」(ハーフ580円、レギュラー880円)などの揚げ物、「鯛めしご飯」(一合980円、二号1480円)など〆料理、デザートまでバラエティ豊かに揃える。

ドリンクの目玉は290円の「酒場らっぱのレモンサワー」に、サワー、ハイボール、生ビール、焼酎、日本酒など一通りを網羅し、価格は1杯380円~500円が中心だ。

店舗デザインはスタジオムーンの金子誉樹氏が手掛けた。カウンター席に、宴会向けテーブル席やボックス席、店内奥には個室も備え、ふらりと立ち寄るお客から会社の宴会、軽い接待まで対応する使い勝手の良さを備えた。「どこに行こうか迷った際、そうだ、『酒場らっぱ』に行こう、と真っ先に思い出してもらえる、そんな店を目指しています」と塩澤氏は話す。

“お客の満足度を最優先”が繁盛店の秘訣。今後は山梨で4店舗展開と海外進出も視野に

塩澤氏の繁盛店づくりの秘訣は、あくまでお客の満足度を最優先に考えることだという。「1店舗目で苦戦したときも、とにかくお客様の満足度だけを考えて営業を続けました。最後にお客様が振り返って『ありがとう、ごちそうさま』と言わなかったらミーティングを実施。ゆっくりと過ごしてほしいので、混んでいても時間制にすることもしていません。修業時代、東京の店ではやむを得ず2時間制をお願いすることがありましたが、のんびりとした甲府では絶対にやらないと決めていたこと。翌日、お客様に会社で『昨日、いいお店を見つけたよ』と話題にしてもらうことが目標です」。

今後も甲府市内での展開を予定し、すでに3店舗目も物件を確保している。「次はパスタやピッツァの洋業態を構想中。山梨で4店舗ほど展開したら、次は海外展開や、店舗プロデュースにも挑戦したいですね」と塩澤氏は意気込む。

(取材=大関 まなみ)

店舗データ

店名 酒場 らっぱ
住所 山梨県甲府市丸の内2-29-5 たちばな屋ビル 1F
アクセス 甲府駅から徒歩4分
電話 050-3503-0618
営業時間 17:00~24:00
定休日 不定休
坪数客数 18坪50席
客単価 4000円
オープン日 2019年6月18日
関連リンク 酒場らっぱ(Instagram)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.