飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

海外出身の6人組で運営!国際色豊かなクラフトビール専門店「Coaster craft beer & kitchen」が下北沢にオープン

2月16日、下北沢の茶沢通り沿いに「Coaster craft beer & kitchen」がオープンした。運営はCoaster(東京都世田谷区)、フランス出身のフィリップ"Mr.Hoptimistic"氏とオジオル ベルトランド氏を中心に6人、全員が海外出身のメンバーで運営する。世界各地のクラフトビールを15タップと、ビールに合うタパスとスナックを用意。加えて昼は、店内の一角で間借り営業する「YETI COFFEE」のコーヒーも提供。地域住民を中心に賑わい、外国人客も少なくない。

下北沢の茶沢通り沿いに立地。大きな間口で中の様子がよく見え、ふらりと入りやすい
海外のカフェを彷彿とさせる開放的な空間。手前はスツール席、奥はテーブルやソファを並べる
ビアカウンターには15タップがずらり。ヨーロッパ、アメリカ、アジアと世界各地のクラフトビールを樽替わりで提供する

人気の「チーズバーガー(シングル)」。フードはクラフトやノーケミカルであることをモットーに作っている
写真右がファウンダー兼バーマネージャーのオジオル ベルランド氏、左が「YETI COFFEE」代表のアミット チェトリ氏。海外出身のメンバーで運営する

全員が海外出身の6人組で開業!

ファウンダー兼バーマネージャーを務めるオジオル氏は、フランスとスペインのハーフ。フランスやスペイン、イギリスなど世界各地で働いていたが、日本人の妻との結婚を機に7年前に日本に移り住んだ。「以前はバルセロナやロンドンのホテルや星付きレストランでバーテンダーとして働いていました。日本に来てから3年ほどは、フランス語の講師やドライバー、モデルなど様々な仕事を経験してきましたが、やはり飲食の仕事が一番楽しく、それに専念しようと決めました」とオジオル氏は話す。「ワインやカクテルも好きですが、私がもっと惹かれたのはクラフトビール。若者にも親しみやすく、リラックスできる感じがいい」と、渋谷のクラフトビール専門店「ΦL Tokyo(オールトーキョー)」で、オープニングスタッフとして3年ほど勤務した。

いつか自分の店を、と考えていたオジオル氏。日本に住んで6年が経過し、日本の文化にも馴染んできた昨年ごろから具体的に独立を考え始めた。当初は友人のフィリップ氏とオジオル氏の2人で開業しようと計画していたものの、徐々に仲間が集まり、最終的に6人のチームとなった。フランスや中国、ベトナムなど全員が海外出身の国際色豊かなメンバーが揃い、シェフやデザイナー、IT戦略担当や経理などの役割分担で開業準備を進めた。

サクッと1杯からしっかり食事まで、使い勝手の良いビアレストラン

思い描いたのは、ビール好きや外国人が集まる地域密着のビアレストラン。そういった層を集客できそうな場所として浮かんだのが下北沢だ。オジオル氏自身にとっても馴染み深い街であったこともあり、下北沢に絞って物件を探した。そうして出合ったのが、茶沢通り沿いの約30坪の同物件。通りに面して視認性がよく、間口が大きく開放感のある空間が作れると考え、契約に至った。

店舗デザインも自分達で意見を出し合いながら手掛けた。店内手前はコンクリート床に、奥は木の床にしてゾーン分けをした。コンクリート床のゾーンは、コミュニアルテーブルやスツールを並べ、キャッシュオンで気軽に楽しめる。奥の木の床のゾーンには、ゆったりとしたテーブルやソファを配置し、後会計も可能だ。「手前のゾーンでサクッと1杯でも、奥のゾーンでゆっくりと食事を楽しむでも、お客様自身で使い方を選べる店にしたかった」とオジオル氏は話す。入口は前面ガラス戸で開放感を演出。シンプルながらも、日本人にはないクリエイティブの光る空間だ。

ヨーロッパ、アメリカ、アジアなど各地のクラフトビールを常時15タップ用意

クラフトビールは常時15タップを用意。5タップをヨーロッパ、5タップをアメリカ、5タップを日本&アジアのビールをつなぎ、樽替わりで提供する。価格は銘柄によりhalf pintが600~850円、pintが1050~1400円だ。その他、グラスワイン赤・白(各800円)や各種スピリッツ、ソフトドリンクを用意する。

フードは、ビールの大定番「フィッシュ&チップス」(1600~2600円)から、韓国風の「ヤンニョムチキン」(1000円)、スパイシーなマンゴーソースの「ジャークチキン」(1000円)などビールに合う品が揃う。バンズやパティもクラフトにこだわったハンバーガー(800~1200円、トッピングにより)も人気だ。

また昼の時間帯には、バリスタのアミット チェトリ氏による「YETI COFFEE(イエティ コーヒー)」(運営はYETI COFFEE合同会社)が間借り営業する。店内に小型焙煎機を置き、自家焙煎したヒマラヤのスペシャルティコーヒーを使ったドリップコーヒー(750~900円)や「カフェラテ」(R700円、L850円)などを用意し、カフェ利用のニーズにもこたえる。

7割が地元住民の地域密着店。外国人客が半数を占める

現在、オープンから3ヶ月が経過。7割が下北沢周辺の近隣住民、3割がクラフトビールを目的とした遠方からのお客で、全体の半数は外国人客が占めるという。「今はまだ勉強中ですが、いつかは自家醸造にも挑戦したい。軌道に乗れば、中目黒、横浜などでもクラフトビールの店舗を展開したいですね」とオジオル氏は話す。

(取材=大関 まなみ)

店舗データ

店名 Coaster Craft Beer & Kitchen(コースター クラフトビア アンド キッチン)
住所 東京都世田谷区代沢5-19-13コーセイハイム1F
アクセス 下北沢駅から徒歩5分
電話 03-5787-6397
営業時間 12:00~24:00(LO23:30)
定休日 無休
坪数客数 約30坪30席+スタンディング
客単価 3000円
運営会社 Coaster株式会社
オープン日 2019年2月16日
関連リンク Coaster Craft Beer & Kitchen(HP)
関連リンク Coaster Craft Beer & Kitchen(Facebook)
関連リンク Coaster Craft Beer & Kitchen(Instagram)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.