飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

渋谷桜ヶ丘町インフォスタワー横にジャパニーズダイニング「One Garden」が2月1日、グランドオープン! 


テスタジャパン(渋谷区渋谷、代表取締役・野村憲司氏)は2月1日、渋谷区桜丘町にジャパニーズダイニング「One Garden(ワンガーデン)」をグランドオープンした。まもなく桜の季節だが、店内からの大きな窓からは、桜並木が一望でき、都心にありながら"隠れ家リゾート"のような雰囲気をかもし出す空間で、厳選素材から生み出される創作和食やバリエーション豊富な美酒の数々を提供する。店舗面積は約25坪。店内は白を貴重にシンプルでモダンな雰囲気。石や木などの自然素材をポイントに、28席と席数を少なくすることでゆとりを持たせた仕様とした。ペアシート(2名用個室が2つ)、VIPルーム(6~8名用個室が1つ)、開放的な窓から四季折々の風景が楽しめる一般席から構成。渋谷の街の喧騒とは一線を画し、大人が"隠れ家"としてゆったり利用できる店を目指しているという。生産者のもとに直接足を運ぶなど安心安全を基準として食材選びに時間をかけたフードメニューは、創作和食が中心。洋食分野を経て「春秋」グループ料理長であったシェフと都内一流ホテルの和食店で料理長を経験した料理人がタッグを組み、食材の持ち味を最大限に生かす。メニューは月ごとに変わる旬の素材を活かしたおすすめ品や、さつま知覧どりのガラと黒豚の骨から煮出した自家製スープにくぐらせる「鹿児島産黒豚と有機レタスのしゃぶしゃぶ鍋」(1人前2,400円)、有機野菜とさつま知覧どりを自家製力士みそにディップして食す「旬の有機野菜を使った温野菜とスティック・地鶏の力士みそ添え」(1,200円)、有機野菜が中心の「サーモンと万願寺唐辛子とワイルドリーフのグリーンサラダ」(1,350円)など。魚は時期に合わせて全国の漁港から仕入れる「近海産天然本まぐろの刺身」(1,800円)や、あわびの風味を岩塩で包み込んで蒸し上げ、あわびの肝ソースにつけて食す「国産黒あわびの丸ごと塩釜焼」(3,200円)などがある。そのほか変り種に、鍋料理には全てマグロの水揚げ港で有名な焼津で作られるマグロのうろこから抽出した「安心・安全」で濃厚なコラーゲンボールをサービス提供、その他にもコラーゲンを配合した創作メニューなども用意し、女性を中心に好評を博しているそうだ。日本酒は、福井の田辺酒造から「越前岬(純米大吟醸)」(一合2,000円)、「大夢(吟醸)」(一合1600円)など珍しい銘酒を取り寄せている。焼酎も麦、芋、米の他に黒糖、泡盛まで幅広く銘柄も豊富。梅酒も各種用意。また、日本の酒だけでなく、生ビール(650円)、洋酒各種(シャンパン、ワイン、カクテルなど)も準備する。野村社長は、総合セールスプロモーションなどを行なうSPエージェンシーを経営。飲食店の経営を新規事業の柱として別会社を立ち上げ、1号店として「ワンガーデン」を開店した。「食に関するプロモーション業務に数多く携わる中で、丹精こめて真摯に食材を育てる生産者たちに出会い、その魅力を知った。本物志向の食の魅力を紹介していきたい」と飲食の本格参入を皮切りに、今後の出店計画にも意欲を見せる。

(取材=編集部)

店舗データ

店名 ジャパニーズダイニング ワンガーデン
住所 東京都渋谷区桜丘町20-12 ル・カルティエ桜丘1F
電話 03-3780-0880
営業時間 ランチ  月~金 11:30~14:30
ディナー 月~土 18:00~23:00(22:00L.O.)
※祝祭日も営業
坪数客数 28席 25坪
運営会社 株式会社テスタジャパン
関連リンク ワンガーデン
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.