飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

日本初上陸の韓国炭火豚焼肉専門店「ファングム食堂」が8月26日、有楽町にオープン!“本格的韓国スイーツ&ランチ”も


日本初の韓国炭火豚焼肉専門店「ファングム食堂」が8月26日、有楽町にオープンする。店名は“黄金のブタ”(ファングムデジ)に由来。韓国は昨年、600年に一度という「黄金のブタ年」(ファングムデジヘ)であったことから、ブタは金運をUPする縁起の良い動物として大ブームになった。そこで同店では、特別メニューとして、国産の栃木県産黄金豚“黄金豚”などを採用した。豚肉には疲労回復に役立つビタミンB1と美肌をサポートするコラーゲンが豊富に含まれ、炭火の遠赤外線でじっくり焼き上げることによって、上質な味わいが楽しめる。プロデューサーの松永典子さんは、「黄金豚の炭火焼は、美容促進、老化防止、肌荒れ防止、疲労回復など、美容効果抜群です。皆で若返りましょう」と言う。豚メニューは、「栃木県産黄金豚」(1,380円)、「熱炭プルゴギ」(880円)、「塩焼き」(880円)のほか、韓国料理として「冷麺」(880円)、「チヂミ」(840円)がある。また、日本では珍しい“本格的韓国スイーツ&ランチ”も用意。例えば、日本でもおなじみの「柚子茶」、フルーティで美容にもいい「オミザ茶」、目にも鮮やかな「韓国餅菓子」、かき氷にフルーツと餡子、ソフトクリームをのせた「パッピンス」など。さらにランチタイムには韓国式弁当もあり、ゴールドの弁当箱にライス・玉子焼き・ランチョンミート・キムチなどを重ね入れ、全体を混ぜてから味わう。そのほか、日本の韓国料理店でもなかなかお目にかかれない新鮮なメニューを多く堪能できる。店内のインテリアから食器まで、すべて韓国直輸入。シルバーの円卓に設置された炭火ロースターが並ぶ姿はまさに現地の焼肉店そのもの。また、ドリンクは韓国メニューと日本メニューがあり、チャミスルやマッコリのほか、「OBビール」などの韓国酒も多数ラインナップ。完全個室のVIPルームもあり特別感を楽しめる。

(取材=編集部)

店舗データ

店名 韓国炭火豚焼肉専門店 ファングム食堂
住所 東京都千代田区内幸町1-7-13
アクセス JR有楽町駅より徒歩4分
電話 03-5512-5505
営業時間 11:00~24:00
(ランチL.O.16:00、ディナーL.O.23:00)
定休日 日曜日
坪数客数 58席(VIP最大8名、チャージ3,000円・要予約)
関連リンク ファングム食堂(食べログ)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.