飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

熱帯魚とソファー席でくつろぐ優雅な夜を提案。最新バリリゾート空間「 アクアリウムダイニング新宿LIME(ライム)」、2月14日バレンタインデーにオープン!

店内に多数設置された大型アクアリウムには、色鮮やかな熱帯魚たちが舞う
「バリの夜」をテーマにした店内。黒を基調とした内装、全席ソファーシートの大人空間が広がる
リゾート気分を満喫できるトロピカル カクテル。フルーツ・フレーバーを6種類から選べるオリジナルモヒート(1,008円~)がおすすめ
4種類(豚・ラム肉・地鶏・サテリリト)のバリ風串焼き盛合わせ「サテの盛合わせ」(1,029円)

2月14日、新宿駅東口駅前の好ロケーション、ミラザ新宿3階フロア150坪に、大型アクアリウムとバリのインテリアを配した巨大ラウンジ&ダイニングがお目見えする。
手がけたのは、オペレーションファクトリー(大阪市西区、代表取締役:笠島 明裕氏)。「LIME(ライム)」シリーズは銀座、麻布に続き3店舗目となる。1店舗目の「銀座LIME(ライム)」がオープンしたのは2002年、インドネシア料理にヨーロピアンテイストをMIXした「バリキュイジーヌ」という新業態と、全長20mの水槽に約2000匹の熱帯魚が創りだす非日常的な幻想的空間が話題になった。そして、2店舗目の「麻布十番LIME(ライム)」は、2009年7月20日の海の日にオープン。14基の水槽に、高いところで7mもある天井高、そして約1万匹の熱帯魚。空間の大きさ、スケールを重視した麻布十番は、ブライダルパーティ等の貸切にも対応している。
今回オープンする3舗目の「新宿LIME(ライム)」は、既存の2店舗と同様に、「バリリゾート+アクアリウム+ラグジュアリー+モダンエスニック+リーズナブル」をキーワードとして、居心地の良さやサービス、同じ価格帯とクオリティを維持しつつ、今までのシリーズより更に大人空間を目指した。
「バリの夜」をテーマにした店内は、水槽からこぼれる光が、まるで夜のバリ島の海に映し出される月の灯りのよう。黒を基調とした内装に、ライムシリーズでは初採用の絨毯が敷きつめられ、ラグジュアリー感溢れる大人の雰囲気に仕上がっている。レイアウトは、全席ソファーシートで、ゆったりと寛ぐことができる。店内は2人だけの時が流れるペア席と、合コンなどで利用できる団体席のゾーンを分け、それぞれの空間では、周りを気にせず、シーンに合わせて楽しむことができる。同店は、一般のお客様を中心に対応したいという思いから、基本的に営業時間内に貸切などはしない。メインターゲットは、大人のカップル。他にも合コンや女子会など非日常的なラグジュアリー空間は、身も心も癒しを求めている都会人をターゲットにしている。この高級リゾート感で、平均客単価4500円ほどに設定。リーズナブルな価格帯も売りの一つだ。毎日朝5時まで営業しているので、2次会や遅い時間帯の仕事帰りのお客様にも対応できる。
料理の構成は、インドネシア料理をベースにイタリアンの調理法や和食、中華の食材や技を生かして仕上げたハイレベルな創作料理「モダンエスニック」。同店の料理長の須藤哲也氏は、銀座三笠会館を始めとして、都内の数々のイタリアレストランでの活躍が認められ、2002年、「銀座LIME(ライム)」のオープンと同時に総料理長に就任し、現在に至る。エスニック料理の特徴である香草を、日本人の口に合うように工夫するなど、今までのエスニックの感覚にとらわれない発想でメニューを考案する。
お薦めは、さくさくチーズタルトにヘルシーサラダの組み合わせ「熱々チーズタルトのサラダ」(880円)、4種類(豚・ラム肉・地鶏・サテリリト)のバリ風串焼き盛合わせ「サテの盛合わせ」(1,029円)、モツの食感とパクチーの香りが絶妙なバランスの一品「モツの炙りと香菜のカルパッチョ」(861円)、お好みで温泉卵かフライドエッグが選べるバリの代表的な焼飯「ナシゴレン」(924円)など。その他メニューには、冷菜、温菜、春巻き、豆腐、サテ(串焼き)、魚、肉、フォー麺、スウィーツなどなど、14のカテゴリー全56品がラインナップされている。ドリンクメニューでは、リゾート気分を満喫できるオリジナルトロピカルカクテルやフルーツ・フレーバーを6種類から選べるオリジナルモヒート(1,008円~)がおすすめ。アルコール、ソフトドリンクが18カテゴリー全148品から選べる。
今後のライムシリーズの展開としては、大阪や博多にも出店の意思をみせる。オペレーションファクトリー全体では、ライムシリーズに加えて、本物の関西風お好み焼き「やいやい」など人気店を直営。来月にはビストロ&バー業態「永田町マドゥレス」がオープン予定。その他、2010年5月にオープンしたシンガポールのレストラン「kunio tokuoka」の運営受託にも取り組んでいる。同店は「シンガポール タトラー ベストレストラン」のベストサービス賞を受賞した。新業態で、トレンドに合わせたお洒落空間を次々に提案するオペレーションファクトリー、今後の展開に注目だ。

(取材=麻生 怜菜)

店舗データ

店名 アクアリウムダイニング新宿ライム
住所 東京都新宿区新宿3-36-10 ミラザ新宿3F
アクセス JR新宿駅中央東口 徒歩より1分
地下鉄 新宿三丁目駅A5番出口より徒歩3分
電話 03-5772-3456(開業準備室)
営業時間 17:00~翌5:00(L.O.翌4:00)
定休日 無休
坪数客数 149.93坪・158席
客単価 5000円
運営会社 株式会社オペレーションファクトリー
関連リンク アクアリウムダイニング新宿ライム(ぐるなび)
関連リンク オペレーションファクトリー(東日本)
関連ページ kunio tokuoka(記事)
関連ページ 麻布十番LIME(記事)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.