飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

“京風おでん”と“馬肉料理”が売りの居酒屋「おでんと馬肉 馬場よしお」が、10月16日、高田馬場にオープン!

客席は、ボックス席と座敷で構成。

10月16日、高田馬場駅から徒歩3分の早稲田通り沿いに、京風おでんと馬肉料理が売りの和風居酒屋「おでんと馬肉 馬場よしお」がオープンした。看板料理は、店名の通り“京風おでん”と、“馬肉料理”。カツオ節ベースのだしを使ったあっさりした京風おでんは、1品100~250円、。「たまご」、「いいだこ」(各100円)、「大根」(150円)、「ごぼう巻き」(200円)、「つみれ」(250円)など全18品を揃え、盛合せの「よしおのオススメ6点」(500円)でも提供する。また、馬肉料理は「極上霜降り馬刺し」(980円)、「さくら肉のバクダンユッケ」(680円)、「馬肉カルビのニンニク焼き」(480円)など全8品。その他グランドメニューは、「ポテトサラダ」(380円)、「昭和のナポリタン」(480円)、「モツ鍋」(1人前980円)など約40品を揃えている。また、約50品を揃えるアルコールでは、9月30日に業務用樽生が発売されて以来、都内の飲食店ではいち早く導入したサッポロビールの新ジャンル「麦とホップ」が目玉商品。導入の理由について同社飲食事業部部長・角英治氏は「実際に飲んでみて、ビールとは違った飲みやすさがありおいしかった」と語る。「麦とホップ(中)」(250円)のほか、通常の3杯分の「男前ジョッキ」(730円)も揃え、男前ジョッキを注文したお客には、提供時に女性スタッフが男前コールを贈るという演出も行なう。内装は、出店コストを抑えるため、元居酒屋だった場所を居抜きで活用。提灯などを飾り、活気ある居酒屋の雰囲気を演出した。同店を経営するのは、金融コンサルティング業を行なう株式会社ヨシムラ(本社・宮城県仙台市青葉区)。今年4月にライセンス店舗の惣菜店「まいど商店 みつわ台店」を千葉に出店し、飲食事業に着手。「馬場よしお」は初の直営店で、今後も出店意欲はあると角氏は話す。 

店舗データ

店名 おでんと馬肉 馬場よしお
住所 東京都新宿区高田馬場4-13-12 柳月ビル2階

 >> GoogleMap見る

アクセス JR・東京メトロ高田馬場駅から各徒歩3分
電話 03-5332-3878
営業時間 17:00~24:00(23:00L.O.)
定休日 日・祝日
坪数客数 23坪・44席
客単価 2,500~3,000円
運営会社 株式会社ヨシムラ
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.