飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

ダイヤモンドダイニング90店舗目は新宿野村ビル50階「天空 の和食処 星空の中へ」、10月21日オープン!


“100店舗100業態”の展開を目指す株式会社ダイヤモンドダイニング(港区東新橋、代表取締役・松村厚久氏)は10月21日、90店舗目(連結店舗数累計132店舗)となるスカイビューダイニング「天空の和食処 星空の中へ」を新宿野村ビル50階にオープンする。コンセプトは、大きな窓に囲まれた地上 200mの新宿摩天楼の夜景が一望できる和食スカイダイニング。伝統的な日本料理の真髄を活かした技と全国各地から取り寄せた厳選食材を活かした和食のジャンルにとらわれない“至高の和”を提供する。個別店舗数累計90店舗となる。客層は20代〜50代のビルおよび周辺勤務オフィスワーカー、平均客単価は5,500円(ディナー)、1,200円(ランチ)。同フロアには“サードG”仲間のエムグラントフードサービス(代表取締役・井戸実氏)の「DNA」がある。店内は天空の焼酎倉庫がコンセプト。ファサード壁面には焼酎の大樽が並び、吹き抜けのエントランスからは迫力のキッチンが垣間見られる。大きな窓に囲まれた新宿摩天楼の夜景が一望できるメインホール。大壁面には巨大な「マゼラン星雲」が描かれている。席には名称がついており、窓に面したカップル向けペアシートは「星に願いを」(2名席×5)。少人数のパーティーに最適な個室には、「流星の絆」(8名席×1、6名席×1)、「夜空のムコウ」(6名席×4、 4名席×2)などがある。カウンター席「スターダストメモリー」(8席)もあり、シチュエーションに応じて、いろいろな使い方ができる。料理は、全国各地から取り寄せた厳選食材を使った和食がメイン。「鹿児島県産黒豚」「福岡県産宗像牛」「秋田県産比内地鶏」をはじめ、全国各地からブランド食材を取り寄せ、それらを使った串揚げや炭火串焼きなどを取り揃えている。ドリンクは150種の芋焼酎をメインに据えた。そして、新しく打ち出したのが本格焼酎を使用した「オリジナル焼酎カクテル」。焼酎そのものの味わいを生かした新スタイルの和風カクテルで、「麦ニック〜星空のステージ〜」(820 円)、「黒糖モヒート」(920円)、「果実“YUZU”モーニ」(820円)、「芋SAMURAIロック」(820円)などをラインナップした。 

店舗データ

店名 天空の和食処 「星空の中へ(ほしぞらのなかへ)」
住所 東京都新宿区西新宿1-26-2 新宿野村ビル 50F

 >> GoogleMap見る

アクセス 丸の内線西新宿駅2番出口より徒歩4分
電話 03-5325-2181
営業時間 [ランチタイム] 11:30〜15:00、土・日・祝日〜16:00、 [ディナータイム] 17:00〜23:30、日・祝日〜23:00
定休日 無休(施設に準ずる)
坪数客数 55.95坪・100席
運営会社 株式会社ダイヤモンドダイニング
関連リンク 株式会社ダイヤモンドダイニング
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.