飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

くせになるトマト味のラーメンでブレイク中の「太陽のトマト麺」が8月19日、護国寺に14店舗目をオープン!


餃子の「大阪王将」、ラーメンの「よってこや」などを直営・FCで全国に270店舗展開するイートアンド株式会社(本社・大阪府大阪市中央区、代表取締 役・文野直樹氏)は、8月19日、同業態で14店舗目となるラーメン店「太陽のトマト麺 護国寺支店」をオープンする。同店の看板商品であるトマト味の ラーメン「太陽のラーメン」は、2005年12月、錦糸町で誕生。当時別業態だったラーメン店で起死回生を図る新メニューとして導入したところ大評判と なったため、「太陽のトマト麺」として店舗展開をスタート。現在都内と神奈川県に計12店舗を展開しており、前年比130%の売上を達成する錦糸町本店を はじめ、いずれの店舗も好調だという。 定番商品は、スタンダードな「太陽のラーメン」(730円)をはじめ、粉チーズがたっぷり入った一番人気の「太陽のチーズラーメン」(830円)、トマト と相性のよいアサリを加えた「太陽のボンゴレ麺」(880円)など5種。トマトスープに使うのは、各店舗で鶏肉を加えて仕上げる鶏ガラスープと、厳選した イタリア産の完熟有機トマト。1杯にトマト3個分を贅沢に使い、酸味が少なく濃厚な甘みを感じるスープに仕上げている。また麺は、自家製麺している錦糸町 本店以外は自社工場で製造する極細麺。豆乳パウダーやモンゴル産の「天外天岩塩」を練り込み、かん水は極力減らすなど、健康にも配慮した味づくりを実践し ている。 追加トッピングで人気は、「らぁリゾ」(150円)。食べ終わったスープをご飯にかけてリゾット風に楽しむメニューで、新感覚の食べ方が人気だ。その他、 餃子の代わりに手羽元を濃い目に味付けた「名物からあげ」(1本100円)や、トマトのリキュールを使った「トマトマロック」(380円)などのアルコー ルも用意し、サイドメニューでも独自の魅力を打ち出している。さらに、各店舗の自由度を高くし、定番商品以外は自由なメニュー構成にしているため、冷やし つけ麺や坦々麺など、店舗によって異なるメニューが楽しめる点も、顧客獲得に貢献している。同社では、「太陽のトマト麺」を年内にも3店舗出店するほか、 “ヌードル”を柱にした新業態の出店も予定している。

店舗データ

店名 太陽のトマト麺 護国寺支店
住所 東京都文京区音羽2-2-2 アベニュー音羽1F

 >> GoogleMap見る

電話 03-5940-7283
営業時間 平日11:00~25:00 日・祝 11:00~22:00
定休日 無休
坪数客数 14坪・14席
客単価 900円
関連ページ イートアンド株式会社
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.